フィットライフコーヒーの飲み方!※120%の効果を引き出すタイミング!いつ飲めばいい?回数は?

フィットライフコーヒー 飲み方

フィットライフコーヒー飲み方について調べた結果、以下のことが分かりました!

フィットライフコーヒー

重要な3つのポイント!

  1. 【飲むタイミング】血糖値の上昇が気になる場合は食前or食中に飲む
  2. 【飲む量】目安は1日1~3杯!1日1杯でも十分
  3. 【飲み方】無糖のブラックで飲むのが一番効果が期待できる!

下矢印一本

結論:フィットライフコーヒーは1日1杯・食事中・ブラックで飲むのがおすすめ!

特に“糖分が多い食事”と一緒に飲むの良いです。

【裏技】フィットライフコーヒーを 6,264円 ⇒3,132円で購入できる方法を見てみる!

 

限定キャンペーン中!

フィットライフコーヒー

キャンペーンを見てみる

皆はここで買ってる!

\私もここで買いましたよ♪/


の記事では、フィットライフコーヒーの効果的な飲み方について調べた結果をご紹介しています。

「フィットライフコーヒーはいつ飲めば一番効果があるの?」

「1日に飲む量の目安は?」

「砂糖やミルクを飲んで入れてもいい?」

などなど、フィットライフコーヒーの飲み方について気になる人もいると思います。

そこで、実際にフィットライフコーヒーを飲んで効果があった人の飲み方や、公式サイトに書かれている飲み方について調べてみたので

フィットライフコーヒーの飲み方について気になる人は、ぜひ参考にしてみてください。

フィットライフコーヒーはいつ飲むべき?飲むタイミングについて!

フィットライフコーヒーを購入した人や、これから購入を考えている人の中には

「フィットライフコーヒーは食前に飲む方がいいの?」

「朝昼晩いつ飲めばいいの?」

「逆に飲まない方がいい時間帯はあるの?」

など、フィットライフコーヒーの飲むべきタイミングについて詳しく知りたい人もいるかと思います。

そこで、ここではフィットライフコーヒーをいつ飲むべきかについて、以下の三つ中心に調べた結果をご紹介したいと思います。

  • おすすめの飲むタイミング
  • おすすめの飲む時間帯
  • 飲むのをおすすめしない時間帯

少しでも気になる方は是非ご覧ください。

血糖値対策のために飲むなら食前or食事中がベスト!血糖値上昇抑制効果!

食後の数値対策のために飲むなら食前 or 食中に飲め!

公式サイトでは「フィットライフコーヒーを食事中に飲むと、食事に含まれる糖の吸収を穏やかにしてくれるので、血糖値が気になる人は食事中に飲むことをお勧めします」と書かれていました。(公式サイト引用)

なので、フィットライフコーヒーを血糖値対策の為に飲むなら食事中に飲むのが一番良いでしょう。

また、フィットライフコーヒーを使った実験では

フィットライフコーヒーとあんぱんを同時に摂取した場合、血糖値の急激な上昇を抑えることができたと実験結果から分かっています。

つまり、実験の結果から考えてみるとフィットライフコーヒーを食後に飲んでしまうと

フィットライフコーヒーの効果が出始める前に血糖値が急激に上昇してしまう可能性があります。

なので、フィットライフコーヒーの効果が出始めるタイミングも考慮すると、食前か食中に飲むのが一番良いでしょう。

半額で買えるキャンペーン中!

食物繊維の補充や嗜好品として飲むならいつでも OK!食間や食後でも問題ない!

食物繊維の補充などの目的で飲むならいつ飲んでも効果は一緒!

フィットライフコーヒーを血糖値対策の目的以外で飲んでいる人もいると思います。

例えば、フィットライフコーヒーを食物繊維の補充や嗜好品として飲むなら

食前や食事中でなくても食間や食後など、好きなタイミングで飲んでもらっても問題ありません。

フィットライフコーヒーには食物繊維が1包あたり6.7g含まれておおり

これは、レタスなら2個分・トマトなら4.2個分に相当します。

普段の食生活で食物繊維が足りていないと感じている人は、家事や仕事の合間などのちょっと一息つける時に

フィットライフコーヒーを飲んでササっと食物繊維を補充するのもありですね。

フィットライフコーヒーは朝昼晩どの時間帯の食事に飲むのが一番いい?

朝昼晩関係なく、「糖分を一番多く摂取する食事の時間帯」に合わせて飲むのがおすすめ!

「フィットライフコーヒーは朝昼晩どの時間帯の食事中に飲めばいいの?」と疑問に思っている方もいるかもしれません。

実のところ、これに関しては正しい答えはなく、人それぞれおすすめの時間帯が異なります。

例えば、朝ごはんに糖分をたくさん摂取する食生活を送っている人の場合

フィットライフコーヒーを朝食と一緒に摂るのが良いでしょう。

逆に、夜ご飯に一番糖分の摂取が多い食生活を送っている人は、晩御飯と一緒にフィットライフコーヒーを飲むがいいでしょう。

なので、一度自分がどの時間帯の食事で糖分を多く摂取しているかということ思い出してみてから

フィットライフコーヒーを飲む時間帯を決めるといいでしょう。

⇒21日間の返金保証付き!フィットライフコーヒー公式サイトを見る

フィットライフコーヒーを朝一に飲むのはおすすめしない!

朝一にコーヒーを飲むと、コーヒーの効果が薄れてしまう!

朝起きたら目覚めの一杯としてコーヒーを飲む人も多いと思います。

しかし、フィットライフコーヒーに限らず、朝一にコーヒーを飲むことは逆効果になるのでやめておきましょう。

こちらの論文1論文2によると、もともと私たちの体には体を目覚めさせるコルチゾールと呼ばれるホルモンが分泌されるように作られています。

このコルチゾールの分泌量は寝起きの朝の時間帯から徐々に増えていくのですが

この時、人の体は自然に覚醒状態になっているので、カフェインを摂取してもカフェインの効果を受けることができません。

それどころか、朝にコーヒーを飲んでしまうと無駄にカフェインの耐性がついてしまい

その日一日中コーヒーの効果が薄れてしまうことがあります。

なので、フィットライフコーヒーを朝一に目覚めの一杯として飲むのはあまりおすすめしません。

フィットライフコーヒーをコーヒーとして飲むなら昼前と午後2時ごろに一杯ずつが効果的

フィットライフコーヒーをただのコーヒーとして飲むなら、午前9時半~午前11時半と午後2時に飲むのがおすすめ!

先ほどフィットライフコーヒーを嗜好品として飲むなら、どのタイミングで飲んでも大丈夫だということを書きましたが

一応フィットライフコーヒーを単なるコーヒーとして飲むとしても、コーヒーの効果を最大限に引き出すタイミングはあります。

例えば、フィットライフコーヒーを血糖値対策用のコーヒーとしてのものではなく

普通のコーヒーとして飲むなら、コーヒーの効果を最大限に引き出すために

身体を目覚めさせる働きがあるコルチゾールが低下し始める午前9時半~午前11時半の間と午後2時頃に1杯ずつ飲むのが効果的でいいでしょう。

逆に、午後12時~午後1時と5時半~6時半は再びコルチゾールの量が上がるので、この時間帯に飲むことはあまりおすすめしません。

と言ってもこれはコーヒーに関するの飲み方なので正直な話、自分の好きなタイミングで飲んでもらっても全く構いません。

⇒特典付きでフィットライフコーヒーを買う

フィットライフコーヒーは糖の吸収を穏やかにしてくれるので、スイーツなどのおやつと一緒に飲むのもアリ!

フィットライフコーヒーを糖分が多いスイーツなどと一緒に飲むと、糖の吸収を抑えてくれる!

3時のおやつの時間やスイーツを食べる時に、コーヒーを飲む人は多いと思います。

私も甘いものが好きなので、コーヒーはスイーツを食べる時によく一緒に飲みます。

フィットライフコーヒーには、「糖の吸収を穏やかにする保健効果がある」と厚生労働省から認められています。

フィットライフコーヒーの公式サイトでは「食後の糖の吸収を穏やかにするコーヒー」として売り出されていますが

スイーツやお菓子など糖が多くは含まれているものは、食後の血糖値が急激に上昇する可能性があります。

なので、普段の食事と一緒にフィットライフコーヒーを飲むのもいいですが

スイーツやお菓子など糖が多く含まれている食べ物を食べる時に、フィットライフコーヒーを一緒に飲むととても効果的です。

フィットライフコーヒーにはカフェインが含まれているので、寝る前に飲むのはあまりおすすめしない!悪影響!

フィットライフコーヒーにはカフェインが含まれているので、寝る前に飲むと寝つきが悪くなる可能性がある!

「寝る前にカフェインを摂取すると寝つきが悪くなる」というのは、一般的にもよく言われていることですよね。

フィットライフコーヒーには、通常のコーヒーと同じようにカフェインが含まれています。

※通常のコーヒーと比べるとフィットライフコーヒーに含まれるカフェインの量は半分以下です。

カフェインの効果は最低でも4時間続くと言われているので、就寝の6時間前はコーヒーを飲むのは控える方がいいでしょう。

寝る直前にカフェインを摂取してしまうと良質な睡眠を妨げる原因となり

寝不足や日中に注意が散漫になってしい実生活に悪影響を及ぼす可能性があります。

良質な睡眠を保つためにも寝る前のカフェインの摂取は避けておきましょう。

ちょっと!安くない!?

フィットライフコーヒーの公式サイトを見てみる

フィットライフコーヒーの効果的な飲み方 |実力を最大限に引き出す!

フィットライフコーヒーを購入した人の中や、購入前の人の中には

「フィットライフコーヒーの効果的な飲み方はなんだろう?」

「砂糖を入れて飲んでも効果はあるのだろうか?」

「みんなが飲んでる飲み方はなに?」

など、フィットライフコーヒーの飲み方について、知りたい人もいると思います。

そこで、フィットライフコーヒーの効果的な飲み方や、 実際にフィトライフコーヒーを愛飲している人達の飲み方を調べてみたので

  • 効果を最大限に引き出す飲み方を知りたい!
  • みんなが飲み方を知りたい!

という人は是非参考にしてみてください。

フィットライフコーヒーのおすすめの飲み方は無糖のブラック

フィットライフコーヒーおすすめ飲み方はブラック一択!

日常的にコーヒーを飲む人の中には、コーヒーに砂糖を入れたりミルクを好みで入れたりする人も多いと思います。

しかし、フィットライフコーヒーのおすすめの飲み方は“無糖のブラック”です。

というのも、フィットライフコーヒーの効果を検証した実験では

何も加えていないフィットライフコーヒーとアンパンを被験者に与えて、実験を行っていました。

この研究では、フィットライフコーヒーとアンパンを一緒に摂取した被験者は

インスタントコーヒーとアンパンを一緒に摂取した被験者と比べると

血糖値の上がり方が穏やかだったことが分かっています。

研究結果と同じような効果を得たいなら、実験と同じように何も加えていないフィットライフコーヒーを飲むのが望ましいでしょう。

⇒正規品のフィットライフコーヒーを買うならココ

フィットライフコーヒーにミルクや砂糖を入れると効果が減少する?

効果が減少することはないが、血糖値が上昇する原因である砂糖やミルクは控えめに!

実験結果からフィットライフコーヒーは、「糖の吸収を穏やかにする効果」が認められていますが

実験では何も加えられていないフィットライフコーヒーが使用されており

ミルクや砂糖を入れた時のフィットライフコーヒーの効果というのは実験では検証されていません。

しかし、ミルクや砂糖を入れたからといって、フィットライフコーヒーの効果がなくなるとは考えにくいです。

というのも、 フィットライフコーヒーに含まれているのは難消化性デキストリンはミルクや砂糖と混ざったとしても

難消化性デキストリンの血糖値を穏やかにする効果を打ち消すことはないからです。

とはいえ、フィットライフコーヒーはもともと糖の吸収を穏やかにするために作られている健康食品なので

そこに、血糖値の上昇を促す砂糖を加えるのはあまり良い考えではありません。

砂糖を入れたとしても フィットライフコーヒーの効果がなくなるとは言えませんが

フィットライフコーヒーの効果を最大限に引き出したいなら、砂糖やミルク少なめにすることをお勧めします。

フィットライフコーヒーを牛乳で割ってカフェオレ風にアレンジして飲むのもあり!

牛乳で割って飲む時は、糖質が低い牛乳の方が相性がいい!

フィットライフコーヒーを愛飲している人たちの口コミを見ていると

フィットライフコーヒー牛乳で割ってカフェオレ風に飲んでいる人もいました。

牛乳にもよりますが一般的に100ml に含まれる牛乳の糖質は約5g程度です。

糖質自体はそこまで高いものではないので、血糖値の上昇をあまり気にせずに飲むことができますが

通常の牛乳よりも低脂肪牛乳の方が糖質が高い傾向にあるので

フィットライフコーヒーに混ぜて飲むなら低脂肪牛乳ではなく、普通の牛乳を使ってカフェオレ風にアレンジすることをお勧めします。

⇒いつでも解約できる!フィットライフコーヒーの定期コースはこちら

フィットライフコーヒーは氷を入れてアイスコーヒーにしても飲める!

アイスコーヒーにして飲んでもフィットライフコーヒーの効果は変わらない!

フィットライフコーヒーは粉末状になっているので、お湯に溶かすだけでそのまま飲むことができます。

しかし、夏になると熱いコーヒーよりも、キンキンに冷えたアイスコーヒーが飲みたくなることもあると思います。

暑い夏に汗をダラダラかきながら、コーヒーを飲む人はあまりいませんよね・・・・

そんな夏の暑い日には、フィットライフコーヒーに氷を入れてアイスコーヒーにして楽しむのもアリです。

フィットライフコーヒーをアイスコーヒーにして飲んだとしても血糖値を穏やかにする効果は変わらないので

その日の気分や気温によって、どちらで飲むか決めることができます。

フィットライフコーヒーは冷水では溶けにくい、 お湯を使って溶かそう!ダマを作らない方法!

フィットライフコーヒーでアイスコーヒーを作るときは、一度お湯で溶かしてから氷で冷ます!

先ほど「フィットライフコーヒーは、アイスコーヒーにして飲むこともできる」とご紹介しましたが

アイスコーヒーにして飲む場合、冷水ではフィットライフコーヒーの粉末は解けないので

必ずお湯で溶かす必要があります。

冷水でフィットライフコーヒーの粉末を溶かそうとすると、ある程度は溶けますがかなりダマなってしまうのでうまくアイスコーヒーが作れません

なので、フィットライフコーヒーでアイスコーヒーを作る場合は

必ず一度お湯で粉末を溶かしてかき混ぜてから、氷で冷やしてアイスコーヒーを作りましょう。

フィットライフコーヒーは小分けなので外食時でも手軽に飲める!

インスタントタイプのコーヒーはドリップタイプと比べてメリットが多い!

あなたは普段、ドリップタイプかインスタントタイプのどちらのコーヒー飲むことが多いですか?

一般的に市販のコーヒーには、ドリップタイプとインスタのタイプの2種類のコーヒーがありますよね。

フィットライフコーヒーはドリップタイプではなく個包装タイプのインスタントコーヒーなので

職場や外食時でも簡単に持ち運べて手軽に飲むことができます。

ドリップタイプのコーヒーと比べてインスタントタイプのコーヒーは

  • 忙しい時でもお湯を注ぐだけですぐ飲める
  • 必要なものはマグカップとお湯だけ
  • ほとんどゴミが出ない
  • カフェインの量が少なく体への負担が少ない

など多くのメリットがあります。

普段トリップタイプのコーヒーを飲んでいる人は、フィットライフコーヒーをきっかけにインスタントタイプのコーヒーに挑戦してみてもいいかもしれませんね。

フィットライフコーヒーの味はまずい?|かなりの人が美味しいと感じている!

フィットライフコーヒーに含まれている健康成分は、無味無臭なのでコーヒー本来の風味をダメにしない!

あなたは健康食品の味などに、どこまでこだわりますか?

「健康食品であっても美味しくないと食べたくない」

「美味しくなくてもいいけど、不味過ぎるのはちょっと・・・」

など、人それぞれ健康食品の味に対するこだわりがあると思います。

しかし、一般的には健康食品に限らずいくら健康に良くても、味が美味しくないと続けることは難しいことは事実です。

フィットライフコーヒーは機能性と美味しさを追求して作られており

ミル総本社が調べた調査では、「約93%の人がフィットライフコーヒーを美味しい or 普通」と答えています。

参照https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3573VZ+DIKHDE+42GI+5ZU29

フィットライフコーヒーに含まれている難消化性デキストリンはとうもろこしから抽出された無味無臭の成分で、コーヒー本来の香り屋風味を損ないません。

なので、多くの人がフィットライフコーヒーを長く愛用しているのも納得です。

ちなみに、口当たりはまろやかで苦みや酸味は控えめです。

フィットライフコーヒーは通常のインスタントコーヒー同様、お湯に溶かして飲むだけ!

フィットライフコーヒーは普通のインスタントコーヒーとの唯一の違いは、血糖値対策ができるかどうかだけ!

フィットライフコーヒーの飲み方は、通常のインスタントコーヒーと同様に、お湯に溶かして飲むだけです。

特別何かするわけでもないので、普段のインスタントコーヒーを飲んでいる人は

いつものインスタントコーヒーをフィットライフコーヒーに代えるだけで血糖値対策ができます。

普段の生活を変えずに血糖値対策ができるので楽に健康対策ができますね。

60包が半額で買える!

フィットライフコーヒーの公式サイトを見てみる

フィットライフコーヒーの飲む量・飲む回数について

フィットライフコーヒーをこれからの飲もうと考えている人の中には、

「フィットライフコーヒーの1日に飲む量の目安は?」

「1日にどれくらい飲めばいい?飲む回数は?」

「逆に飲み過ぎたらどうなるの?」

など上記のような疑問を持つ人もいると思います。

そこで、ここからはフィットライフコーヒーの公式サイトなどで以下の3つを中心に調べてみました

  • 1日に飲む量
  • 1日に飲む回数
  • 過剰摂取した場合に起こること

フィットライフコーヒーの飲む量や回数について気になる人は、是非参考にしてみてください。

フィットライフコーヒーは1日に何杯飲むのが一番いい?目安は1日1~3杯

フィットライフコーヒーは1日1~3杯を目安に飲むのがおすすめ!

これから、フィットライフコーヒーを飲む人の中には

「フィットコーヒーは健康食品だから、やっぱり多めに飲んだ方がいいのかしら?」と思っている人もいるかもしれません。

しかし、フィットライフコーヒーの公式サイトには「通常のコーヒーと同様1日1杯~3杯を目安にお飲みください」と記載されています。

⇒フィットライフコーヒーの公式サイトで確認してみる

なので、自分の体調に合わせて、1~3杯以内で飲む回数を調整するのがいいでしょう。

また、実際にフィットライフコーヒーを飲んでいる人の口コミを見ても

一日一杯だけ飲んでいる人でも、フィットライフコーヒーの効果を実感している人は多くいました。

なので、公式サイトに書かれているように1日1~3杯を目安に飲むことをお勧めします。

フィットライフコーヒーを大量に飲み過ぎるのはダメ!?難消化性デキストリンが含まれているので下痢の危険性も

難消化性デキストリンには整腸作用があるが、大量に摂取しすぎると体の負担にもなる!

難消化性デキストリンには糖の吸収を穏やかにする効果以外にも、整腸作用があると報告されています。

しかし、難消化性デキストリンは過剰摂取すると難消化性であるがゆえに、下痢など消化器に悪影響を及ぼす可能性もあります。

つまり、難消化性デキストリンを大量に摂取しすぎるとかえって体に負担をかけてしまうことが分かっています。

薬で例えると分かり易いですが、薬も決められた量だけ飲むと風邪や病気を治してくれますが

飲み過ぎるとかえって体に悪影響を及ぼしてしまいますよね。

これと同じで、フィットライフコーヒーを大量に飲んだからといって健康が促進されるわけではなく

むしろ下痢になるリスクもあるので、1日にフィットライフコーヒーを大量に飲むということはやめておきましょう。

1日のフィットライフコーヒーの摂取量は5杯に抑えておこう!

フィットライフコーヒーの上限は5杯まで!

フィットライフコーヒーには少量ですがカフェインを含まれています。

成人の1日あたりのカフェインの最大摂取量は400mgと決められており

コーヒー1杯におおよそ80mgのカフェインが含まれていることを考えると、一日に多くても5杯が上限になります。

これを超えてしまうと体に悪影響が出てくるかもしれないので注意してください。

また、フィットライフコーヒーに含まれている難消化性デキストリンの特徴を考慮すると

フィットライフコーヒーの1日の摂取量は5杯程度に控えておいた方が良さそうです。

それ以上飲んでも体に良い影響を与えるとは考えにくいですし

あまり大量に飲みすぎると難消化性デキストリンによって、下痢になってしまう可能性もあります。

⇒※損せずにフィットライフコーヒーを買える場所はココ!

フィットライフコーヒーを過剰に飲むと低血糖になるの?

フィットライフコーヒーを過剰に飲んだからといって低血糖になることはありません。

フィットライフコーヒーを飲んだことがない人の中には

「フィットライフコーヒーを飲みすぎると低血糖になってしまうのかな?」と心配に思っている方もいるかもしれませんが

大丈夫です。安心してください。

フィットライフコーヒーを飲み過ぎたからといって低血糖になることはありません。

そもそも、フィットライフコーヒーの血糖値を上昇を抑える効果は、フィットライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリンによるものです。

難消化性デキストリンは、食事と一緒に摂取することで、余分な糖を吸収し体外に排出してくれることが研究から明らかになっています。

つまり、難消化性デキストリンによって体外に排出されるとは余分な部分だけであって

体に必要な糖まで体外に排出することはありません。

なので、フィットライフコーヒーを過剰に飲んだからといって低血糖になることはないです。

フィットライフコーヒーを1回に2杯以上飲むとどうなる?

1回に2杯飲んでも効果が2倍になるわけではないが、飲みたい人は飲んでもOK!

普段の食事でコーヒーを一杯だけでなく、二杯目のおかわりする人もいると思います。

フィットライフコーヒーを一回の食事に2杯飲むとことで、体に悪影響が出ることは特にありませんが

フィットライフコーヒーを一回の食事に2杯飲むと血糖値対策の効果が2倍になるということないので

一回の食事でフィットライフコーヒーを2杯飲むことにメリットがあるかは不明です。

(食物繊維の摂取を目的としてフィットライフコーヒーを飲むなら、1回で2杯飲むのもありかもしれません。)

なので、自分の体調と相談して2杯目を飲むかどうか決めるといいでしょう。

これは安い!

フィットライフコーヒーの公式サイトを見てみる

フィットライフコーヒーの賞味期限はいつ?どれくらいもつ?

フィットライフコーヒーの賞味期限は製造日より8ヶ月、長期保存にもあまり向かない!

フィットライフコーヒーの賞味期限は製造日より8ヶ月です。

通常のインスタントコーヒーと比べると保存期間が短く、大量にまとめ買いして保存するには向いていません。

なので、大手通販サイトなどでフィットライフコーヒーを大量にまとめ買いすることもあまりおすすめしません。

定期購入すれば毎月新しく作られた新鮮なコーヒーが自宅に送られてくるので

フィットライフコーヒーを長期的にの場合は定期コースでの購入をお勧めします。

フィットライフコーヒーの賞味期限が切れたけど飲用しても丈夫?

賞味期限が切れたらできるだけ早く消費しよう!

フィットライフコーヒーの賞味期限は製造日より8ヶ月ということが分かりましたが

「賞味期限切れの食べ物を食べても平気」という人もいれば

「賞味期限に来たら食べちゃダメ」という人もいます。どちらが正しいのでしょうか?

そもそも賞味期限とは美味しく食べることができるの期限のことを示しています。

ですので、賞味期限は消費期限と異なり記載されている期限を過ぎてもすぐに飲用できなくなるわけではありません。

一般的に、賞味期限から5~7日過ぎたとしても大丈夫と考えられています。(賞味期限を越えて飲む場合は自己責任でお願いします)

ただし、フィットライフコーヒーを一度開封してしまった場合は、賞味期限にかかわらずできるだけ早く消費しましょう。

⇒送料無料!フィットライフコーヒー見てみる

フィットライフコーヒーの飲み合わせについて

フィットライフコーヒーを飲んでみようと考えている人の中には

「病院からもらっている薬と一緒に飲んでも大丈夫?」

「サプリメントと一緒に飲んでも大丈夫?」

「フィットライフコーヒーを飲んだ後にお酒を飲んでもいいのかな?」

など、フィットライフコーヒーの飲み合わせについて気になる人もいると思います。

そこで、フィットライフコーヒーの飲み合わせについて特に以下の3つを中心に詳しく調べてみました。

  • 薬との飲み合わせ
  • サプリメントとの飲み合わせ
  • お酒と一緒に飲んでも大丈夫か?

フィットライフコーヒーと他のものとの飲み合わせについて、少しでも気になる方は参考になるので是非ご覧ください。

フィットライフコーヒーは服用している薬(医薬品)と飲むと危険? 医師に相談しよう!

フィトライフコーヒーは健康食品なので、薬と飲んでも基本的には大丈夫!でも気になる人は医師に相談しよう!

普段からお薬を引用していたり病院から貰った薬を服用する際に

「フィットライフコーヒーを一緒に飲んでもいいか?」と不安になる人もいるかと思います。

しかし、結論から言うと基本的には問題ありません。

フィットライフコーヒーはあくまでも健康食品なので、普通の食べ物や飲み物と変わりありません。(フィットライフコーヒーは普通のお茶や水とカテゴリー上は同じです。)

しかし、薬によっては飲み合わせに注意する必要があるものも存在するので

気になる人、は専門医や病院の主治医に一度ご相談することをお勧めします。

チェック!チェック!

糖尿病患者で薬を服用している人はフィットライフコーヒーを飲む際に注意!

α-グルコシダーゼ阻害薬を飲んでいる人は効果が重複してしまうので注意!

先ほどフィットライフコーヒーは基本的には薬と飲み合わせても大丈夫、ということをお伝えしましたが実は飲み合わせに注意した方がよい医薬品もあります。

例えば、フィットライフコーヒーに含まれている難消化性デキストリンの作用は、糖尿病患者によく処方されるα-グルコシダーゼ阻害薬と比べると穏やかですが

基本的には糖尿病患者の食後の血糖を防ぐα-グルコシダーゼ阻害薬と同じ効果を持っています。

なので、両方を一度に摂取すると互いの作用が重複(相互作用)してしまい、腸内の未消化の糖質が増加して発酵することがあります。

腸内の未消化の糖質が増加して発酵すると腸内にガスが増えたり、お腹に張りが出たりします。

なので、現在糖尿病患者で薬を服用している人はどういった薬を服用しているか

また、フィットライフコーヒーとの相互作用の可能性はあるか、ということを考慮してからフィットライフコーヒーを飲むようにしましょう。

今自分が飲んでいる薬の効果がわからない人は、一度専門医に尋ねることをお勧めします。

フィットライフコーヒーはサプリメントと一緒に飲んでも大丈夫?健康食品(トクホ)なので基本問題ない!

基本的に問題ないけれど、 自分が飲んでるサプリメントとフィットライフコーヒーの成分の相性を確認しておこう!

フィットライフコーヒーもサプリメントもそうですが、両方ともカテゴリーでは食品に分類さます。

なので、基本的に飲み合わせがどうこうということはなく、同時に摂取しても体に悪影響はありません。

しかし、原材料や含有している成分によっては相性の悪いものもありますので

心配な方はフィットライフコーヒーに含まれている成分と、自分が飲んでいるサプリメントの成分を比較して調べてみましょう。

例えば、フィットライフコーヒーには食物繊維の一種である難消化性デキストリンが含まれています。

もし、あなたが食物繊維を摂取するためのサプリメントを飲んでいるとしたら、フィットライフコーヒーとサプリメントの両方から食物繊維を摂取することになり

1日の食物繊維の摂取目安量をオーバーする可能性があります。

摂取目安量を少し超えたからといって、体にすぐに悪影響が出るわけではありませんが

食物繊維は摂りすぎると下痢や便秘になる可能性もあるので注意する必要があります。

⇒安心!国内・自社生産のフィットライフコーヒーを見てみる

フィットライフコーヒーはお酒と一緒に飲んでも大丈夫?

フィットライフコーヒーとお酒を一緒に飲んでも基本的に大丈夫!むしろコーヒーとお酒は相性が良い!

フィットライフコーヒーを飲む人の中には

「晩御飯にお酒を飲みたいけれど、フィットライフコーヒーとお酒を一緒に飲んでも大丈夫か気になる」という人もいるかと思います。

基本的にフィットライフコーヒーとお酒を一緒に飲んでも問題ありません。

というのも、コーヒーに含まれるクロロゲン酸は肝機能を強める効果があると言われています。

肝臓はアルコールを分解するときに活性酸素を発生するのですが

コーヒーに含まれるポリフェノールの一種のクロロゲン酸は、強い抗酸化機能を持っているので肝機能の低下を招く活性酸素の発生が抑制されます。

つまり、アルコールによって弱められた肝機能をコーヒーが守ってくれるので

コーヒーとお酒はかなり相性が良いと言えるでしょう。

フィットライフコーヒーを飲んだ後に普通のコーヒーを飲んでも問題ない?

フィットライフコーヒーを飲んだ後に普通のコーヒーを飲んでも全然OK!

フィットライフコーヒー以外にも普段から飲んでいるコーヒーが飲みたくなる時がありますよね。

そんな時に気になるのが「フィットライフコーヒーと普通のコーヒーを一緒に飲んでも大丈夫なのか?」ということですよね。

結論から言うと、フィットライフコーヒーを飲んだ後に普通のコーヒーを飲んでも全く問題ありません。

というのも、フィットライフコーヒーは通常のコーヒーに難消化性デキストリンが含まれているという点以外ではほとんど何も変わりません。

(むしろ、フットライフコーヒーには添加物が一切含まれていないのではるかに健康的です。)

なので、普通のコーヒーを飲んだからと言ってフィトライフコーヒーの効果が相殺されるということはないので安心して飲むことができます。

これ安くない!?

フィットライフコーヒーの公式サイトを見てみる

フィットライフコーヒーを飲んだ後の効果はどれくらい持続する?

フィットライフコーヒーを飲んだ後、どれほど効果が持続するのかということは公式サイトには書かれていません。

しかし、フィットライフコーヒーを販売しているミル総本社が行った保健機能の調査実験では

フィットライフコーヒーを摂取した後の2時間において血糖値の急激な上昇を抑制できたことを確認されています

つまり、試験の結果からフィットライフコーヒーを飲んだ後、「少なくとも2時間は効果が持続する」ことが考えられます。

また、フィットライフコーヒーの飲み方次第で効果の持続時間が変わるということはないので

あまり考え過ぎず公式サイトに書かれているように、普通にフィットライフコーヒーを飲むのが良いでしょう。

フィットライフコーヒーを長期間の飲み続けることのメリット

フィットライフコーヒーを長期間飲み続けることで、血糖値スパイクが原因の病気にかかるリスクを減らすことができる!

フィットライフコーヒーの購入を考えている人の中には

「フィットライフコーヒーを長期的に飲むことで何かメリットがあるのか?」と思う人もいるかと思います。

フィットライフコーヒーには、食後の血糖値の急上昇を抑制する効果があることはあなたも知っていますよね。

実は、フィットライフコーヒーを長期的・習慣的に飲むことで

食後に血糖値が急激に上昇&下降する“血糖値スパイク”の危険性を回避することができます。

血糖値が急激に上昇するとインスリンが過剰に分泌され、内臓脂肪の蓄積が促進されると先行研究から分かっています。

また、内臓脂肪の過剰な蓄積は様々な病気や合併症の原因にもなるので

フィットライフコーヒーを長期的に飲むことで、内臓脂肪による病気のリスクを回避できることは明らかです。

皆はここから買ってる!