【※副作用】フィットライフコーヒーを妊娠中は飲むな!安全性と危険性を暴露|カフェインには要注意

フィットライフコーヒー 副作用 安全性

フィットライフコーヒー副作用安全性について調べた結果、以下のことが分かりました。

フィットライフコーヒー

重要な3つのポイント!

  1. 成分調査の結果、副作用の原因になるような成分は含まれていないことが判明!
  2. しかし、カフェインが含まれているので妊娠中はNG
  3. 原材料はコーヒー粉末と食物繊維だけで添加物は一切なし

下矢印一本

結論フィットライフコーヒーには副作用の心配はないので、妊娠さん以外なら安心して飲める!

“無添加”で身体に負担がないことも大事なポイントですね。

【裏技】フィットライフコーヒーを 6,264円 ⇒ 3,132円で購入できる方法を見てみる

 

限定キャンペーン中!

フィットライフコーヒー

キャンペーンを見てみる

皆はここで買ってる!

私もここで買いましたよ♪


 

こでは、フィットライフコーヒーの副作用や安全性についてご紹介しています。

「フィットライフコーヒーを飲むと何か副作用が起きたりする?」

「毒性や発がん性物質は含まれている?」

「フィットライフコーヒーを飲まない方がいい人とかいる?」

などなど、フィットライフコーヒーの安全性や副作用が気になる方は多くいらっしゃると思います。

そこでこの記事では、 フィットライフコーヒーに含まれている成分や原材料などが体にどういった影響を及ぼすか調べてみたので

フィットライフコーヒーの安全性や副作用が気になる方は、参考になると思うのでぜひご覧ください。

フィットライフコーヒーの副作用について|刺激物や毒性・発がん性物質はある?

最近では、健康食品の中でも少量の刺激物や毒性・発がん性物質のある添加物食品が多く出回っており

本当に健康に良いものというのは、ほとんど見つけることができません。

なので、フィットライフコーヒーに限らず健康食品やサプリメントを購入する人の中には

「含まれている成分は安全なの?」

「体にとって悪い成分は含まれていない?」

など、成分の安全性や副作用について気になる人も多いと思います。

そこで、ここではフィットライフコーヒー自体の副作用の有無についてと

フィットライフコーヒーに含まれている成分が、体に及ぼす影響について調べたのでご紹介したいと思います。

フィットライフコーヒーは医薬品(薬)ではなく健康食品なので副作用の可能性はゼロ!

フィットライフコーヒーは食品なので副作用はない!

調べた結果、フィットライフコーヒーには副作用が存在しないことが分かりました。

そもそも、副作用とは医薬品など薬を服用した際に目的とする作用以外に現れるもので

健康“食品”として分類されるフィットライフコーヒーには、副作用という言葉は当てはまりません。

例えば、りんごを食べると“副作用”が起こるということはありえませんよね?

それと同じでフィットライフコーヒーを飲んだとしても、副作用が起こることはありえません。

しかし、医薬品でなくても健康食品に含まれる添加物やアレルギー物質が体に影響を及ぼすこともあります。

そこで、フィットライフコーヒーに含まれている成分を調べ、体に悪影響を及ぼす可能性がある物質が含まれているか追加調査してしみることにしました。

⇒【1億杯以上売れている】血糖値対策コーヒーを見てみる

フィットライフコーヒーの成分表!原材料はコーヒーと難消化性デキストリンだけ!

フィットライフコーヒーの成分はとてもシンプル!難消化性デキストリンとコーヒー(粉末)だけ!

フィットライフコーヒーに含まれている成分について調べたところ

フィトライフコーヒーには以下の成分が含まれていることがわかりました。

原材料難消化性デキストリン、コーヒー(粉末)
成分表(一包8.8g あたり)熱量10kcal,たんぱく質0.2 g 脂質0 g 糖質1.1 g 食物繊維6.7 g ナトリウム0.7 mg
関与する成分難消化性デキストリン(食物繊維)として6.4g

フィットライフコーヒーの原材料はコーヒーと難消化性デキストリンのみで余計な成分が一切含まれておらず、とてもシンプルです。

ちなみに、関与する成分というのは簡単に言えばトクホとして認められるために必要な成分のことになります。

(正確に言えば間違っているかもしれませんが、大体そんな感じだと捉えてもらって大丈夫です。)

怖い?フィットライフコーヒーに含まれる特有のトクホ成分はとうもろこし由来の食物繊維!摂取上限値の制限がない!

難消化性デキストリンはアメリカの公的機関が安全な成分だと認めている!

あなたは、フィットライフコーヒーに含まれている難消化性デキストリンというトクホ成分をご存知ですか?

「難消化性デキストリン?」

「なにそれ?化学成分か何か?」

など、ほとんどの人にとっては難消化性デキストリンは馴染みのない成分ですよね。

聞き慣れない成分名なので、もしかしたら中には「なにそれ!?怖い!」と感じる方もいるかもしれません。

でも、大丈夫ですよ。安心してください。

難消化性デキストリンは、とうもろこしから抽出された水溶性の食物繊維の一種で天然由来成分で危険な成分ではありません。

また、無味無臭ということもあり多くの特定保健用食品(トクホ)の有効成分としても広く使われています。

難消化性デキストリンには整腸作用や食後の血糖値の上昇を抑制する働きがあり

食事とともに摂取することで効果を期待することができます。

さらに、アメリカの FDA (食品医療薬品局)は「1日の摂取量の上限を明確に決める必要がないほど難消化性デキストリンは安全な成分」だということを認めています。

これだけでも、フィットライフコーヒーに含まれている難消化性デキストリンが、安全で健康的な成分だということが分かってもらえたと思います。

別の商品ですが難消化性デキストリンの安全性評価シートはこちらです。

フィットライフコーヒーを夜に飲むと不眠になるリスクがある!良質な睡眠の妨げになる?

フィットライフコーヒーにはカフェインが含まれているので、夜寝る前に飲むのは控えよう!

最近では、ノンカフェインやカフェインレスのコーヒーを飲む人も増えてきていますが

調べた結果、フィットライフコーヒーには少量ながらもカフェインが含まれていることがわかりました。

フィットライフコーヒーだけに関わらずカフェインが含まれる食品を寝る前に摂取すると

良質な睡眠が阻害されることが実験研究から明らかになっています。

睡眠前にカフェインを摂取すると睡眠中の脳の代謝が高まり、浅い眠りが増え深い睡眠が減って不眠症などの睡眠障害になる可能性もあります。

一般的に寝る時間の3時間前までならカフェインの影響はないと言われているので

もし、11時に寝る生活を送っているとしたら、8時以降にフィットライフコーヒーを飲むのは控えておいた方がいいでしょう。

フィットライフコーヒーを飲むと利尿作用が働く!脱水症状になる危険性は?

フィットライフコーヒーを飲んでも脱水症状になる危険性はない!

フィットライフコーヒーだけでなく、コーヒーを飲むとカフェインの利尿作用が働き脱水症状になりやすいと一般的には言われています。

実際にカフェインに関する研究では、カフェインは交感神経を刺激し腎臓の血管を拡張させ血液濾過量を増加させることが明らかになっており

その増加量に伴って尿の生成量が増すので、排尿の量や回数が増加することが考えられています。

しかし、コーヒーに含まれているカフェインが利尿作用を促進させるからといって、コーヒーが原因で脱水症状になることはほとんどありません。

というのも、確かにカフェインには利尿作用がありますが、フィットライフコーヒーなど

コーヒーに含まれているカフェインを取り込む際には、同時にコーヒー自体の水分を摂取していることになるので

脱水症状になる可能性は低いと専門家は指摘しています。

参照元http://time.com/5192272/coffee-tea-dehydrating/

⇒※損せずにフィットライフコーヒーを買える場所はココ!

フィットライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリンを摂取すると下痢やお腹がゆるくなるって本当?

難消化性デキストリンは1日あたり30gを超えなければ下痢の原因になることはない。

フィットライフコーヒーに含まれている難消化性デキストリンは、血糖値の急激な上昇を抑制し維持する働き以外にも

腸の働きを活発にし便秘や下痢を改善する働きも持っています。

しかし、難消化性デキストリンを過剰に摂取しすぎると、腸が必要以上に刺激され便が腸管内を進むスピードが速くなりすぎてしまいます。

便が腸管内を進むスピードは速くなりすぎると、腸管内での水分の吸収が追いつかずお腹が緩む原因となってしまいます。

難消化性デキストリンの働きを調べる実験では16週間、1日3回の食事の前に10gの難消化性デキストリンを被験者に摂取させたところ

体に何も悪影響が出ていないことが分かっています。

なので、1日あたり30gを超えなければな難消化性デキストリンによって、お腹がゆるくなるという可能性はかなり低いでしょう。

ちなみに、フィットライフコーヒーに含まれているのは難消化性デキストリンは一杯あたり6.4g程度なので

フィットライフコーヒーで換算するとご飯近く飲まなければ下痢になる心配はないということになります。

また、食後の血糖値の上昇を抑制するには、1日あたり脳に難消化性デキストリンは4~5gほどで十分で

整腸作用の効果を期待するなら1日あたり4~10gで十分になります。

フィットライフコーヒーに入っている難消化性デキストリンを摂取すると便秘の原因になる?

フィットライフコーヒーを一度に5杯以上飲まなければ便秘にはならない!

フィットライフコーヒーにも含まれている食物繊維の一種である難消化性デキストリンですが

研究事実からも明らかになっているように、食物繊維は水分を吸収する働きがあり

まとまった量の食物繊維を一度に体内に吸収すると、腸内の水分が不足しこれが原因で便秘になることがあります。

しかし、先行研究から明らかになっているように、1日あたり30gの摂取量を超えなければ便秘になる可能性はほとんどありません。

先ほども紹介しましたフィットライフコーヒーには一杯あたり6.4gの食物繊維が入っているので

フィットライフコーヒーを一度に5杯以上飲まなければ、便秘になる可能性は限りなくゼロなので

普通にフィットライフコーヒーを飲んでいる人は心配しなくても大丈夫です。

⇒21日間の返金保証付き!フィットライフコーヒー公式サイトを見る

フィットライフコーヒーの難消化性デキストリンはお腹の張り+おならの要因になる?実験研究を調べてみた!

フィットライフコーヒーを飲んだ後のお腹の張りやおならは、副作用じゃない!

「難消化性デキストリンが含まれている健康食品を飲んだらお腹が張った」

「難消化性デキストリンのせいでおならが多くなった」

など、難消化性デキストリンが含まれている健康食品の口コミを見てみると、このような書き込みをたまに見ることがあります。

でもこれは、難消化性デキストリン副作用によるものではないので安心してください。

フィットライフコーヒーに含まれている難消化性デキストリンには、整腸作用があり腸内の善玉菌の活動を活発にする働きがあります。

元々便秘で腸内の環境が悪い場合、悪玉菌によって腐敗ガスが溜まっている可能性があるので

そういった場合、難消化性デキストリンを摂取すると善玉菌が活発に働き、溜まっていた腐敗ガスを外に排出することになります。

これが、難消化性デキストリンを摂取した後のお腹の張りやおならが多くなる要因です。

もしフィットライフコーヒーを飲んだ後に、お腹の張りやおならが多くたと感じたとしても

難消化性デキストリンの副作用によるものではなく、もともと体の中に溜まっていた腐敗ガスを押し出す為なので心配いりません。

ある意味、好転反応ですね。

フィットライフコーヒーにある難消化性デキストリン摂取すると腹痛になる危険性があるってマジ?

フィットライフコーヒーを飲んで腹痛になる可能性は、ほぼゼロ!

あなたは健康食品が体に合わず腹痛になったことはありますか?

もしかすると、フィットライフコーヒーを購入しようと考えている人の中には

「フィットライフコーヒーを飲んでも腹痛になることはないのか?」と心配になっている人もいるかと思います。

でも、大丈夫です。フィットライフコーヒーが原因で腹痛になる可能性はほぼゼロです。

なぜここで“ほぼゼロ”と言ったかというと、フィットライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリンを大量に摂取しすぎると腹痛になる可能性があるからです。

難消化性デキストリンは、読んで字のごとく「体内の胃酸などの消化酵素では消化が難しい成分」になっています。

消化しづらいものを消化しようとすると、胃に負担が掛かり胃痛のような症状が現れることがあります。

しかし、これも先ほど紹介した研究事例から考えると、最低でも1日に30gの難消化性デキストリンを摂取しなければ腹痛になるとは考えにくいので

通常の範囲でフィットライフコーヒーを飲む場合には、腹痛のような作用が発生することはないので安心して飲んでください。

⇒正規品のフィットライフコーヒーを買うならココ

フィットライフコーヒーにもある!カフェインのメリット・デメリット(副作用)!

カフェインは時間と量を間違えなければメリットが多い!ちなみにフィットライフコーヒーは通常のインスタントコーヒーと比べてカフェイン量が半分以下!

一般のコーヒーと同様に、フィットライフコーヒーにもカフェインが含まれています。

カフェインにはメリットもあればもちろんデメリットも存在します。

例えば、カフェインのメリットとしては、集中力をアップさせたり・偏頭痛の痛みを緩和させたり・脂肪燃焼サポートする効果があります。

一方、デメリットとしては、過度の摂取により胃痛を起こす危険性があったり、夜寝る前に飲むことで睡眠障害に落ちる原因にもなりす。

成人の場合、1日のカフェインの摂取上限値は300mgと決められているので、それを超えなければ基本的に体に有害な影響はありません。

ちなみに、フィットライフコーヒーの場合、一包あたり55mgしかカフェインが含まれていないので

カフェインが100mg以上含まれている一般的なコーヒーと比べると、かなり少ないことが分かります。

フィットライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリンのメリット・デメリット(副作用)!

難消化性デキストリンも過剰摂取しなければ、健康的なメリットが多い!

フィットライフコーヒーに含まれている難消化性デキストリンには

整腸作用や血糖値上昇抑制作用・ダイエット効果などが健康的にもたくさんのメリットがあります。

一方、難消化性デキストリンを大量に摂取すると、副作用ではありませんが欠点として下痢や便秘などに陥る可能性も考えられます。

実験研究では、1日あたり30gの難消化性デキストリンを被験者に与えたところ,、体に悪影響は見られないことが分かっているので

1日の難消化性デキストリンの摂取量が、30gを超えなければ基本的にデメリットの下痢や便秘になることはありません。

また、フィットライフコーヒーには1包あたり6.4gの食物繊維が含まれているので

フィットライフコーヒーを公式サイトに書かれているように普通に飲んでいれば、30 mg を超えることはありません。

糖尿病の人がフィットライフコーヒーを飲んでも副作用はない?

基本的に糖尿病患者がフィットライフコーヒーを飲んでも大丈夫!でも、薬を処方してもらっている場合は病院に一度相談してから!

フィットライフコーヒーの購入を考えている人の中には、糖尿病を患っている人もいるかもしれません。

たとえ糖尿病患者がフィットライフコーヒーを飲んだとしても、例外的に副作用が起きるということないので安心してください。

しかし、現在糖尿病を患っている方で病院から血糖値を下げる薬を処方されている場合は

フィットライフコーヒーを飲む前に病院の先生に相談してから飲むようにしましょう。

というのも、フィットライフコーヒーには食物繊維の一種である難消化性デキストリンが含まれています。

難消化性デキストリンは食後の血糖値の上昇を抑制する効果があるので、血糖値を下げる薬の効果と相互作用が起きて低血糖になる可能性も考えられます。

なので、現在病院から薬を処方されている糖尿病患者の方は、一度病院の医師に相談してからフィットライフコーヒーを飲むようにしましょう。

フィットライフコーヒーを飲んだら血圧が上昇する可能性はある?

フィットライフを飲んでも血圧は上昇しない!

フィットライフコーヒーにかかわらず「コーヒーを飲むと血圧が上昇する」という噂を聞いたことがありますか?

というのも、コーヒーに含まれるカフェインには交感神経を刺激する働きがあり、それが原因で血圧が上昇すると考えられているからです。

これを聞くと「フィットライフコーヒーを飲むと血圧が上昇するのではないか」と心配になる人もいるかもしれません。

しかし、実際には高血圧症である3万人に対してアメリカで行われたコーヒーと血圧の関連性について調べた研究によると

コーヒーの摂取量と血圧の上昇には、関連性が見られないことが分かっています。

なので、フィットライフコーヒーを飲んだからといって、血圧が上昇するという副作用ないので安心してください。

⇒いつでも解約できる!フィットライフコーヒーの定期コースはこちら

フィットライフコーヒーを飲むと頭痛が悪化する可能性はある?

頭痛の種類によっては、カフェインを摂取すると頭痛が悪化する場合がある!

まず、始めに知っておきたいのが、フィットライフコーヒーを飲んだからといって「フィットライフコーヒーが原因で頭痛になる」という絶対にないということです。

しかし、フィットライフコーヒーにも含まれるカフェインには、頭痛を和らげる場合と頭痛を悪化させる場合があります。

模試緊張性頭痛によって頭に痛みを感じる場合、カフェインでその部痛を和らげることは可能ですが

片頭痛の場合、カフェインを摂取することで逆に頭の痛みを悪化させる可能性があるので

頭痛を患っている場合はどちらの頭痛を患っているのか確認し、偏頭痛による痛みの場合は、フィットライフコーヒーの飲用が控えておきましょう。

フィットライフコーヒーを過剰摂取しても健康効果が高くなるわけではない!逆に負担?

フィットライフコーヒーを過剰摂取すると健康になるどころか、逆に体に悪影響があるのでやめましょう!

フィットライフコーヒーはトクホ認定されているので、普通の健康食品よりも保健効果が期待できますが

フィットライフコーヒーをたくさん飲んだからといって、効果が倍増するわけではありません。

というのも未だに「サプリメントや健康食品を多く摂取すればより体に良い」と勘違いしている人がいるからです。

確かに、体にとって良い効果はありますが、サプリメントも健康食品も「食品」なので適量を意識して摂取することが重要です。

また、フィットライフコーヒーに限らずどんな食品でも、過剰摂取しすぎると体に負担がかかり体に悪影響を及ぼすこともあります。

例えば、ビタミンCなどの栄養が豊富で体にも良い“レモン”ですが、レモンを食べ過ぎると中毒症状がおき腹痛や吐き気を催すことがあります。

このように、健康食品でなくても通常の食品でも過剰摂取することによる悪影響はあるので

フィットライフコーヒーも1日の目安を超えないように飲むことが大切です。

1日の目安はこちら

フィットライフコーヒの公式サイト

フィットライフコーヒーの安全性について

フィットライフコーヒーの購入を考えている人の中には

フィットライフコーヒーの成分による副作用以外にも、フィットライフコーヒーの“安全性”について気になる人もいると思います。

「フィットライフコーヒーは国内産なの?」

「添加物は含まれていない?」

「アレルギーの危険性はない?」

など、フィットライフコーヒーの安全に関する疑問を持っている人も少なからずいると思います。

そこで、ここではフィットライフコーヒーの安全性について色々調べてみたので

  1. フィットライフコーヒーが製造されている場所
  2. 何か添加物が含まれているか?
  3. アレルギーの心配はあるか?

などを中心に紹介していこうと思います。

フィットライフコーヒーの安全性について少しでも気になる人は参考にしてみてください。

【製造元】フィトライフコーヒーは自社工場・国内生産の高品質!安全性が高い工場で作られているので安心!

フィットライフコーヒーは国際基準を満たしている自社工場・国内生産!

最近では、海外産の安い健康食品もたくさん市場で販売されていますが

海外産の安い健康食品に限って安全性がしっかりと管理されておらず、品質が低いものが多いです。

いくら安くても低品質の製品を購入するのは少し躊躇しますよね。

特に自分の体に入れるものなら、なおさら品質には気をつけたいところです。

そこで、フィットライフコーヒーの造過程を調べてみると、品質管理国際規格ISO9001の認証を取得している

国内の自社工場で作られていることがわかりました。

品質管理国際規格 ISO 9001とは、高品質でしっかりと管理された製品を製造している企業や工場に与えられる規格で

要するに、高品質で安全なものを作っているいる信頼性を証明する保証書です。

フィットライフコーヒーは、国際基準に照らし合わせても「高品質で、安全性が高い安心な食品」ということが調べた結果分かりました。

⇒正規品のフィットライフコーヒーを買うならココ

フィットライフコーヒーに添加物が含まれている? 無添加!

フィットライフコーヒーは完全無添加!安心して飲める!

市販で販売されている珈琲には、様々な添加物が含まれていることがあります。

例えば、コーヒーの苦味料として使用される「ジメチルチオエーテル」

香料として使用される「酢酸ベンジル」「B-ナフトールエチルエーテル」

変色を防ぐために使用される「 pH 調整剤」

コーヒーを限界まで抽出する「リン酸塩」

など、添加物の中には発がん性物質として知られているものも含まれています。

しかし、フィットライフコーヒーにはこのような添加物が一切含まれておらず

原材料を見ても、難消化性デキストリンとコーヒー(粉末)のみになっていることが分かります。

健康になるために健康食品を購入したのに、添加物のせいで体に悪影響があっては元も子もないですよね。

フィットライフコーヒーは無添加なので、安心して飲むことができそうです。

フィットライフコーヒーのアレルギー反応の危険は低い?

フィットライフコーヒーにはアレルギー特定原材料は含まれてい!

健康食品を購入する時に、食物アレルギーがある人はアレルギー反応が起こる原料が含まれているか必ずチェックしますよね。

フィットライフコーヒーの原材料からアレルギー反応が起こる可能性がある成分があるか調べてみたところ

フィットライフコーヒーには、消費者庁が出しているアレルギー特定原材料は含まれていないことが分かりました。

ですが、フィットライフコーヒーはインスタントコーヒーに食物繊維を配合した健康飲料になるので

過去にコーヒーを飲んでアレルギー反応が出ている人が飲むと、アレルギー反応が起こる可能性も考えられます。

なので、一般的なアレルギー反応の危険性はないと考えられますが

体質的にコーヒーを受け付けない人は、フィットライフコーヒーの飲用は控えておいた方が無難でしょう。

⇒【1億杯以上売れている】血糖値対策コーヒーを見てみる

フィットライフコーヒーは日本人間ドック健診協会推薦商品!

フィットライフコーヒーは健康効果が認められている安全な商品!

最近は、“自称”健康商品が巷に出回っており、本当に健康効果があるかも分からない商品を購入してしまう危険性もあります。

しかし、フィットライフコーヒーは日本人間ドック健診協会の推薦商品として認定されていおり、その健康効果が認められています。

日本人間ドック健診協会は、日本国民の健康増進に向けて活動を行っている特定非営利活動法人で

そこで推薦されている商品は、安全で健康増進に役に立つことが分かっています。

例えば、日本人間ドック健診協会が推奨している商品として

有名な所だと、伊右衛門の「特茶」や「キリンメッツコーラ」などは健康効果のある商品として推薦商品に含まれています。

また、「特定非営利法人の企業」がフィットライフコーヒーを推薦しているというのも安心できる点ですね。

フィットライフコーヒーは食後の血糖値上昇を抑える消費者庁許可特定保健用食品!

フィットライフコーヒーの血糖値の抑制効果は試験でも証明されている!

調べたところ、フィットライフコーヒーは1999年に消費者庁から特定保健用食品(トクホ)として表示が許可されていることが分かりました。

特定保健用食品に認可されるには、必ず人試験を実施しその保健効果を証明しなければなりません。

フィットライフコーヒーを使って行われたヒト試験では

成人24名を対象として「通常のコーヒーを飲んだ人」と「フィットライフコーヒーを飲んだ人」でアンパンを食べた後の血糖値の上昇を確認したところ

フィットライフコーヒーを飲んだ被験者の方が明らかに血糖値の上昇が抑制されていることが分かっています。

つまり、科学的にもフィットライフコーヒーの血糖値の抑制効果は証明されていることが分かります。

⇒もっとフィットライフコーヒーについて知る

フィットライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリンはアメリカの公的機関も安全性を認めている!

ヒト試験の結果からも難消化性デキストリンは安全だということが分かっている!

フィットライフコーヒーには血糖値の上昇を穏やかにするために難消化性デキストリンが含まれています。

難消化性デキストリンは、アメリカの政府機関であるアメリカ食品医薬品局(FDA)も認めるほど安全な成分で

FDA では、難消化性デキストリンが「1日の摂取量の上限を明確に決める必要がないほど安全な食品」だと認められています。

また、過去に行われたヒト試験の結果から、難消化性デキストリンを摂取した後に

血液中のマグネシウムやカルシウム・鉄分・ミネラルなどの濃度に何の変化もなかったことが報告されており

試験中において問題となる症状は現れず安全であることが分かっています。

皆ここから買ってる!

フィットライフコーヒーの公式サイトを見てみる

フィットライフコーヒーを飲まない方がいい人まとめ

ここまでで、フィットライフコーヒーを調べた結果、副作用がなく安全性も高い健康食品だということ分かりましたが

実は、フィットライフコーヒーを飲まない方がいい人もいます。例えば

  • 妊婦さん
  • 授乳期のお母さん
  • 小さいお子さん

こういった人たちは、フィットライフコーヒーを飲むことをお勧めしません。

というの、フィットライフコーヒーに含まれている成分が体に悪影響を及ぼす可能性があるからです。

ここからは、フィットライフコーヒーを飲まない方がいい人達の理由についてご紹介していこうと思います。

上の三つのどれかに当てはまる人は、是非参考にしてみてください。

妊娠中の妊婦さんはフィットライフコーヒーを飲まない方がいい!胎児(赤ちゃん)にも悪影響が!

フィットライフコーヒーに含まれるカフェインは、胎児に悪影響を与える可能性がある!

フィットライフコーヒーに関わらず、妊娠中の妊婦さんはコーヒーの飲用を避けておいた方がいいでしょう。

というのも、コーヒーに含まれるカフェインは胎盤を通過し、胎児の血液中にもカフェインが移行する可能性が高いと考えられています。

カフェインにはカルシウムの吸収を阻害したり、胎児の発育に影響を与えることが報告されており

低体重出産・障害リスク・流産の原因になるとも考えられています。

ただし、最近の研究ではコーヒー一杯分のカフェインおよそ50~100g程度なら妊婦さんにそこまで大きな影響はないのではと考えられていますが

いずれにせよ、妊娠時はフィットライフコーヒーは控えておいた方が無難です。

また、妊娠中のお母さんがフィットライフコーヒーを飲む場合は、一度かかりつけの産科医に相談してみることをお勧めします。

⇒いつでも解約できる!フィットライフコーヒーの定期コースはこちら

授乳期の女性はフィットライフコーヒーは控えて!ママがカフェインを摂取する危険性について!

授乳期のコーヒーはカップ2~3杯杯程度まで!

フィットライフコーヒーには通常のコーヒーと同様、少なめですがカフェインが含まれています。

産後の授乳期のママがカフェインを摂取すると、摂取量のおよそ1%程度が母乳に移行します。

カフェインを摂取したとしても母乳への影響は少ないですが

カフェインの摂取量が増加すればそれだけ母乳へ移行するカフェインの量も増えるので要注意しておきましょう。

また、赤ちゃんにとってカフェインの摂取は不眠の原因や興奮して落ち着きをなくす原因にもなりますので

母乳に限らず、乳児のうちに大量のカフェインが含まれる食品は食料を取ることは避けておいた方が無難でしょう。

ちなみに、WHO世界保健機関はコーヒーであればカップ2~3杯杯程度までを推奨しています。

なので授乳中にフィットライフコーヒーを飲む人も1日2~3杯程度に抑えておいた方がいいでしょう。

年齢が小さい子供はフィットライフコーヒーを飲まない方が良い!健康被害?

12~15歳はOK!10歳以下はNG!

一般的に、子供には健康被害も懸念されるので、カフェインは摂取させない方がいいと知られていますよね。

では、カフェインが含まれているフィットライフコーヒーも子供に与えないほうが良いのでしょうか?

実は、カフェインが子供に及ぼす影響は今まで詳しく研究されたことはありませんが

子供は大人と比べてカフェインに対する感受性が高いため、少量のカフェインでも大きくし体に影響を及ぼしてしまいます。

例えば、12歳~15歳以上で大人並みの体重がある子供が、大人と同じようにコーヒーを飲んでカフェインを摂取するのは問題ありませんが

10歳以下の子供には基本的にカフェインを摂取させない方がいいと言われています。

また、子供は大人と比べてカフェインを分解するのに時間かかってしまうため、体への負担が大きくなってしまいます。

なので、12歳~15歳以上の子供の場合、フィットライフコーヒーを飲んでも問題なさそうですが

10歳以下の小さな子供にフィットライフコーヒーは飲ませない方がいいでしょう。

損したくない人必見です!

フィットライフコーヒをお得な特別価格できる方法!

血糖値が正常な人がフィットライフコーヒーを飲むと低血糖になる? 健康状態が悪くなったりしない?

血糖値が正常の人が難消化性デキストリンを摂取しても低血糖になる危険性はない!むしろ飲んだ方が良い!

健常人の食後血糖値に及ぼす難消化デキストリンの影響という日本食物繊維研究会誌に掲載されていた論文でも記載されているように

血糖値が正常な人が難消化性デキストリンを摂取したとしても、血糖値が急激に低くなったり低血糖になるということはありません。

むしろ、通常の血糖値が正常であったとしても、食後の血糖値が急激に上昇下降する血糖値スパイクの危険性も考慮すると

血糖値が正常な人がフィットライフコーヒーを飲むことには、メリットがあると考えられます。

また、フィットライフコーヒーは食物繊維の補充として飲むこともできるので

血糖値が正常な人が血糖値対策ではなく食物繊維の補充を目的として飲むのもアリです。

低血糖の人がフィットライフコーヒーを飲むと低血糖が悪化することはある?

フィットライフコーヒーを飲んだからといって低血糖が悪化することはない!

フィットライフコーヒーを買う人は血糖値の不安対策の為に飲む人が多いので

健康診断などで低血糖と診断された人が飲むことは少ないと思いますが

血糖値が正常な人がフィットライフコーヒーを飲むことと一緒で

低血糖の人がフィットライフコーヒーを飲んだとしても、低血糖が悪化するということはないので安心してください。

というのも、難消化性デキストリンは胃や腸において食事中に同時に摂取した糖質と相互作用することにより効果を発現しているので

血中に必要な分の糖を奪うことはなく、低血糖が悪化することもありません。

また、空腹時に難消化性デキストリンを摂取させたヒト試験では、血糖値の低下を誘発しないことも確認されています。

むしろ、難消化性デキストリン摂取することで、食後の急激な血糖値上昇によりインスリンが大量に放出され低血糖に陥ることを予防することはできます。

フィットライフコーヒーが体に合わない場合はどうしたらいい? 体調が悪くなったら?

今まで見てきた通り、フィットライフコーヒーを飲まないほうがいい人を除けば

フィットライフコーヒーは血糖値が正常の人が飲んでも副作用がなく、安全な健康食品だということが分かったと思います。

しかし、フィットライフコーヒーの購入を考えている人の中には

もしかすると、体質的にフィットライフコーヒー自体が体に合わない人もいるかもしれません。

こればっかりは、一度試してみてから判断するしかないので何とも言えませんが

現在、フィットライフコーヒーの公式サイトでは、初回限定で通常価格6,264円のところ3,132円で購入できるキャンペーンを行っているので

このキャンペーンを利用して、フィットライフコーヒーを実際に試してみるのもありです。

⇒フィットライフコーヒーの公式サイトを見てみる

では、もしフィットライフコーヒーを飲んでみて、体調や調子が悪くなった場合はどうしたらいいのでしょうか?

そのままゴミ箱に捨ててしまう?

いいえ、待ってください!もっといい方法があります。

フィットライフコーヒーを飲んで吐き気がしたり気持ち悪いなどの不調を感じたら?返金保証を利用して返品しよう!

フィットライフコーヒーの公式サイトで購入すれば返金してもらえる!

フィットライフコーヒーを飲んで吐き気や気持ち悪くなったりと、体調不良を感じてしまった場合は

すぐに、購入元のミル総本社のお客様窓口に電話しましょう。

というのも、フィットライフコーヒーの公式サイトで商品を購入すると

商品を使用した後でも、商品到着後3週間以内であれば商品を返品・交換・返金することができます。

なので、フィットライフコーヒーの公式サイトで購入すれば、フィットライフコーヒーを飲んで気持ち悪いと違和感を感じても損することなく払ったお金が返ってきます!

また、公式サイト以外にも Amazon や楽天でもフィットライフコーヒーは購入できますが返金保証制度なのが付いていないので

もし、フィットライフコーヒーを飲んで体調が悪くなったとしても返品することができないので注意してください。

限定キャンペーン中!

フィットライフコーヒーの公式サイトを見てみる!