フィットライフコーヒー※3つの効果を成分から分析!血糖値・便秘への効能・ダイエット効果

フィットライフコーヒー 効果

フィットライフコーヒー成分から効果を調べた結果、以下のことが確認できました!

フィットライフコーヒー

重要な3つのポイント!

  1. フィットライフコーヒーの「血糖値上昇の抑制効果」はヒト試験でも確認されている
  2. 食物繊維の一種である難消化性デキストリンが1包に6.5g含まれている
  3. 科学的にも難消化性デキストリンには整腸作用とダイエット効果があると証明されている!

下矢印一本

結論:フィットライフコーヒの効果は実験でも証明されているので信頼性が高い!

これなら、“効果があった”という口コミが多いのも納得ね♪

【裏技】フィットライフコーヒ-を 6,264円 ⇒ 3,132円で購入できる方法を見てみる!

 

限定キャンペーン中!

フィットライフコーヒー

キャンペーンを見てみる

ココで買わないと損ですよ

\私もここで買いましたよ♪/


 

の記事では、成分からみたフィットライフコーヒ-3つの効果についてご紹介しています。

「フィットライフコーヒ-は本当に血糖値に効果がるの?」

「血糖値が穏やかになる証拠は?」

「どんな成分が効果を発揮するの?」

などなど、フィットライフコーヒ-の効果・効能について気になる人は多いと思います。

そこで、今回はフィットライフコーヒ-の成分や研究結果を調べて、どんな効果が期待できるのかまとめてみました!

フィットライフコーヒ-の効果が気になる人はぜひご覧ください。

※特定保健用食品としてフィットライフコーヒーが認められている効果は「血糖値の吸収を穏やかに」することです。この記事に書かれているそれ以外の効果についてはフィットライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリンやクロロゲン酸などの“成分”から考えられる効果です。

フィットライフコーヒーの血糖値対策に対する効果効能

フィットライフコーヒーの最大の特徴である「血糖値対策に対する効果」は研究でも明らかになってます。

しかし、フィットライフコーヒーに含まれるどんな成分が、「食後の血糖値の上昇抑制効果があるか」というのは、大半の人があやふやなのではないでしょうか?

そこで今回は、フィットライフコーヒーに含まれる成分から「どのような成分が血糖値対策に効果があるか」ということを徹底に調査してまとめてみました!

また、食後の血糖値上昇による危険性についてもまとめましたので

血糖値が気になり始めた方や、フィットライフコーヒーの効果が気になる方は是非ご覧ください。

フィットライフコーヒーの原材料であるコーヒーに含まれるクロロゲン酸は食後血糖上昇抑制効果がある

こちらの論文の内容を参照したところ、フィットライフコーヒー原材料でもあるコーヒー豆には

クロロゲン酸と呼ばれる成分が含まれており、食後の血糖値上昇抑制効果があることが知られています。

この論文を簡単に要約すると、

「実験の結果から、コーヒー豆の主成分であるクロロゲン酸は、糖質負荷による血糖値上昇を抑制した」

というような趣旨のことを報告しています。

つまり、糖質が含まれる食事の中にクロロゲン酸を摂取することで、血糖値の上昇を抑制できるということになります。

もちろんコーヒーの粉末が含まれているフィットライフコーヒーにもクロロゲン酸と呼ばれる成分はので含まれているので

フィットライフコーヒーにも「クロロゲン酸による食後の血糖値上昇抑制効果」があると考えられます。

⇒【1億杯以上売れている】血糖値対策コーヒーを見てみる

フィットライフコーヒーなどのカフェインに含まれるクロロゲン酸の他の効果とは?

クロロゲン酸にはアンチエイジング効果もある!

コーヒー豆のカフェインに含まれるクロロゲン酸には、血糖値上昇抑制作用以外にも抗酸化作用もあります。

クロロゲン酸は活性酸素の活動を阻害することで有名で

シミ・シワ・老化・がんなどを引き起こす活性酸素から体を守ってくれます。

この活性酸素を阻害する効果は、健康食品業界以外に美容の世界でも注目されており

特に紫外線によるダメージケア成分として注目を集めています。

フィットライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリンは糖の吸収を緩やかにする働きがある!特に食後の高血糖を!

難消化性デキストリンには糖の吸収を穏やかにする働きがある!

フィットライフコーヒーには食物繊維の一種である「難消化性デキストリン」が含まれています。

難消化性デキストリンは一般的に、ジャガイモかトウモロコシから摂取される成分で

フィットライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリンは、とうもろこしを原料とした水溶性の食物繊維になっています。

この難消化性デキストリンには食後の血糖値の抑制効果が研究でも明らかになっており、様々な研究でその効果が認められています。

また、難消化性デキストリンは添加物や化学物質ではなく、天然のものから抽出した成分なので体にも安心安全です。

さらに、難消化性デキストリン自体は無味無臭で食品の香りや味を変えることがないため、健康食品に広く利用されています。

⇒【難消化性デキストリンがたっぷり含まれている】フィットライフコーヒーを見てみる

フィットライフコーヒーに入っている難消化デキストリンの効能とは?

難消化性デキストリンには多くの健康効果がある!

フィットライフコーヒーにも配合されている難消化性デキストリンですが

血糖値上昇の抑制効果以外にも以下のような様々な効果・効能が確認されています。

  • 便秘予防効果
  • 脂質異常症予防効果
  • 糖尿病予防効果
  • 肥満予防効果
  • 動脈硬化予防効果
  • 大腸がん予防効果
  • 免疫強化
  • 腸内感染の防御効果
  • 腸管運動促進効果
  • コレステロール上昇抑制効果

これらの効果は、実際に行われた研究でも確認されています。

ここで注意しておきたいのが、難消化性デキストリンが含まれている食品を摂取したからといって

病気が完治したり薬を摂取した時のような、即効性のある効果を得ることはできません。

あくまでも上記に書かれたような効果が緩やかに作用することが確認されているだけです。

血糖値が急激に上昇&降下すると睡魔に襲われる!フィットライフコーヒーは食後の眠気対策も!

難消化性デキストリンで食後の眠気を予防できる!

食後になると急に睡魔に襲われ集中力がなくなり、仕事が手につかずストレスに感じた経験はありますか?

実はこの食後に急激に眠くなる現象は、血糖値が上昇していることと関係している可能性があるかもしれません。

食後に血糖値が急上昇すると、血糖値を元に戻そうとインスリンの分泌が促されます。

インスリンが過剰に分泌されることにより、一時的に低血糖になり眠気が生じると研究から明らかになっています。

フィットライフコーヒーにも含まれる難消化性デキストリンは、インスリンの過剰な分泌を抑制する働きがあり

食後の眠気を予防することができると考えられています。

⇒21日間の返金保証付き!フィットライフコーヒー公式サイトを見る

フィットライフコーヒーは食後に血糖値が急激に上昇する血糖値スパイク 予防ができる!

フィットライフコーヒーで血糖値スパイクが予防できる!

最近テレビなのでよく取り上げられる「血糖値スパイク」という言葉を聞いたことはありますか?

血糖値が上がる時間や上がる原因は基本的に共通しており、食後に急上昇しやすいと言われています。

血糖値スパイクとは「食後に血糖値が急上昇しその後に急降下する」血糖値の急激な動きを表した言葉です。

この血糖値スパイクが生じると、食後に眠気や頭痛に襲われることがありますが

それ以外にも、動脈硬化の進行が早まったり、2型糖尿病のリスクが高くなる可能性があるとも言われています。

フィットライフコーヒーを飲むと食後の糖の吸収をゆるやかにすることができるので

健康被害のリスクが大きい血糖値スパイクを予防することができます!

血糖値の上限を超えないで正常範囲内で止めることのメリット

血糖値の上限を超えると健康的なリスクが高くなる!

血糖値の正常域は空腹時の場合は110mg/dL未満 になっており

食後血糖値の目安は140mg/dL未満と言われています。

厚生労働省HP参照https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/metabolic/ym-086.html

食後の血糖値が高い状態は、様々な健康リスクが懸念され

血糖値が高い状態が食後に続くということは、あまり望ましい状態ではありません。

例えば、食後高血糖により動脈硬化や心筋梗塞・脳卒中の危険性を高めます。

また、網膜症やすい臓がん・高齢者の脳の機能などにも影響することが確認されています。

このような健康的リスクを防ぐには、フィットライフコーヒーなど食後の血糖値の上昇を抑える健康食品などを利用することによって

血糖値を正常からは越えさせないことが大切になります。

チェック!チェック!

フィットライフコーヒーで2型糖尿病のリスクを下げることができる!?数値が高い糖尿病予備軍の人は注目!

コーヒーの習慣的な飲用は2型糖尿病の予防に効果がある!

フィットライフコーヒーを含め、コーヒーを1日に1から2杯程度飲むと二型糖尿病の予防に効果があると研究から報告されています。

例えば、こちらの研究論文では、コーヒーを1日4~6杯飲む人は1日に2杯以下しか飲まない人に比べて2型糖尿病のリスクが28%下がると記述されています。

また、コーヒーを1日3~4杯飲む人は、1日に2杯以下の人に比べて2型糖尿病のリスクが24%下がるという結果が出たと報告されています。

このことからも、コーヒーを習慣的に飲むことが2型糖尿病の予防に繋がることが分かります。

フィットライフコーヒーを習慣的に飲むと糖尿病の予防に繋がる!でも運動と食事管理も効果的!

フィットライフコーヒーなら手軽に血糖値対策をする習慣を作ることができる!

ここで指示されている研究からも、フィットライフコーヒーなどコーヒーを習慣的に飲むと糖尿病の予防に繋がることは明らかになっています。

ここで大事なのが「習慣的」という言葉です。

確かに適度な運動や毎日の食事管理も糖尿病の予防に大きな影響を与えます。

しかし、運動や食事管理を始めたけれど続かなかったということはありませんか?

自分の食生活や毎日のライフスタイルを変えるというのはかなり難しいです。

それは、あなたが習慣を維持できな人だからではなく

人間には元々「普段と違うことをしようとすると元の状態に戻ろう」とするホメオスタシスと呼ばれる生体機能が備わっているからなのです。

フィットライフコーヒーなら、普段飲んでいるコーヒーをフィットライフコーヒーに置き換えるだけで血糖値対策ができるので

ホメオスタシスに逆らうことなく、簡単に血糖値対策の習慣を作ることができます。

⇒いつでも解約できる!フィットライフコーヒーの定期コースはこちら

フィットライフコーヒーは医薬品ではないので糖尿病を治療することはできない

フィトライフコーヒーはあくまで健康をサポートする保健用食品!

ここまで、フィットライフコーヒーの糖尿病に対する効果を説明してきましたが、ここで勘違いしてはいけないのは

フィットライフコーヒーは医薬品ではないので「糖尿病を治療することはできない」ということです。

つまり、既に糖尿病になっている人がフィットライフコーヒーを飲んだからといって、糖尿病が完治するということはありえません。

フィットライフコーヒーはあくまで健康をサポートする保健用食品です。

なので、健康を促進する目的ではなく糖尿病”予防”を目的としたり

健康を保持するという考えで普段の食生活に取り入れるのが良いでしょう。

フィットライフコーヒーで糖の吸収を穏やかにすることで心筋梗塞や動脈硬化・脳梗塞を防ぐことができる

糖の吸収を穏やかにすることで心筋梗塞や動脈硬化・脳梗塞を防げる!

食後の血糖値が高い状態が続くと、糖尿病を発症したり動脈硬化のリスクが上がります。

血糖値が高い状態を放置して、動脈硬化のリスクが高まると

血管障害が進み脳卒中や心筋梗塞などを引き起こす恐れが出てきます。

フィットライフコーヒーには、食後の血糖値を上げ過ぎないようにする作用があるので

フィットライフコーヒーを飲むことにより心筋梗塞や動脈硬化・脳梗塞の予防のサポートにつながります。

⇒送料無料!フィットライフコーヒー見てみる

フィットライフコーヒーはどれくらいの期間飲み続ければ効果が出る?

どれくらい飲めばいいかという明確な期間はないけれど・・・

フィットライフコーヒーの効果はあくまでも食後の糖質の吸収を穏やかにすることです。

なので、フィットライフコーヒーをある一定の期間飲んだからといって、特別効果が出るわけではありません。

しかし、フィットライフコーヒー飲み続けることで、食後の血糖上昇による糖尿病のリスクが低下したり血糖値スパイクの防止なるなど

長期的に飲むことで体の健康にとって良い影響が期待できます。

また、 実際に試してみて自分の体に効果が出るか知りたい人は

公式サイトで2ヶ月分のフィットライフコーヒーが半額で購入できるので

そのキャンペーンを利用してフィットライフコーヒーを試してみるのもいいでしょう。

⇒フィットライフコーヒーを半額で購入できる方法を見てみる

フィットライフコーヒーに牛乳や砂糖を入れると効果が薄まる?

牛乳や砂糖を入れても効果が薄まることはない!

フィットライフコーヒーに牛乳や砂糖を入れると、フィットライフコーヒーの効果が薄れるかもしれないと心配している人もいるかもしれませんが

基本的にフィットライフコーヒーに牛乳砂糖を入れても効果が薄まることはありません。

というのも、フィットライフコーヒーの血糖値の上昇を抑制する効果は難消化性デキストリンによるものであり

牛乳や砂糖を入れたとしても難消化デキストリンの成分が消えることはないからです。

しかし、血糖値上昇抑制効果を検証した試験では被験者にブラック(牛乳や砂糖を入れてない状態)のフィットライフコーヒーを飲ませて行なっていたので

全く同じような効果を期待したい場合は、ブラックで飲むことをお勧めします。

それとは別に、食物繊維を摂取したいという目的で飲用する場合は

砂糖や牛乳を自分の好みで入れて飲んでも全く問題ないので大丈夫です。

ちなみに、フィットライフコーヒーは苦いのが苦手な人でも無理なく飲める味なので

普段ブラックで飲まない人でも我慢せずに簡単に飲めると思います。

※血糖値対策をする場合は、あらかじめ砂糖や炭水化物・満腹を避けるなど糖分はできるだけ控える方がいいでしょう。

皆ここから買ってる!

フィットライフコーヒーの公式サイトを見てみる

フィットライフコーヒーの整腸作用(便通)に対する効果効用

フィットライフコーヒーが特定保健用食品として認められているは、血糖値に対する効果ですが

フィットライフコーヒーの成分を詳しくリサーチしてみたところ

整腸作用に対する効果がある成分も含まれていることが分かりました。

そこで、ここからはフィットライフコーヒーに含まれる成分によって、どのような整腸作用が期待できるかについて詳しく解説していきます。

※これはフィットライフコーヒーの公式サイトが明示する効果ではなく、あくまでもフィットライフコーヒーに含まれる成分に対して、研究結果より報告されている効果になります。

フィットライフコーヒーに含まれる食物繊維は便秘の改善をサポートすることができる。

食物繊維はお通じを良くしてくれる効果がる!

フィットライフコーヒーには難消化性デキストリンと呼ばれる食物繊維が含まれています。

この難消化性デキストリンを使用して、男性12名・女性27名の合計39名の被験者に対して行われた実験では

水溶性食物繊維である難消化性デキストリンで作られたクッキーを被験者に食べさせたところ

通常の排便回数が10日間に8回以下の状態だった被験者は、排便回数と排便量が増加したことが研究で示されていました。

つまり、難消化性デキストリンを摂ることによって、便通が改善したということになります。

また、研究では単に便通が改善するだけではなく便の形状も健康的な形となっていたと示されています。

⇒【難消化性デキストリンがたっぷり】フィットライフコーヒーを見てみる

フィットライフコーヒーに含まれる食物繊維は6.4g|レタスのが約2個分!

フィットライフコーヒーには6.4g分の食物繊維が含まれている!

フィットライフコーヒーに含まれる食物繊維は、一包で6.4gです。

これは、レタスなら約2個分ナスなら約3個分、トマトなら約4.2個分キュウリなら約6個分になります。

この量は、食物繊維ブレンドコーヒーの中で比べると圧倒的に高い数字となっていて

例えば、食物繊維ブレンドコーヒーである「フィットコーヒーすらり」は1包あたり食物繊維が1.3g しか含まれていません。

1.3gだとフィットライフコーヒーと比べると1/5程度にしか満たないので

フィットライフコーヒーがいかに多くの食物繊維を含んでいるかよく分かります。

フィットライフコーヒーを飲めば1日の食物繊維の摂取量をほぼ達成できる!

一日三杯飲むだけで、1日の食物繊維の摂取目安量を達成できる!

一般的に、成人男性の一日当たりの食物繊維の摂取目安量が20gで

成人女性の一日当たりの食物繊維の摂取目安量が18gと言われています。

フィットライフコーヒーには1包あたり6.4g の食物繊維が含まれているので

毎食後に、フィットライフコーヒーを飲めば1日に20.1gの食物繊維を摂れることになり

簡単に1日分に相当する食物繊維を摂取することができます。

また、毎食後に飲まなかったとしても、普段の食事からも食物繊維は摂取できるので

普段の食事にフィットライフコーヒーを加えることで1日の食物繊維の摂取目安量を気軽に達成することができます。

⇒特典付きでフィットライフコーヒーを買う

難消化性デキストリンは水溶性食物繊維の一種で水に溶けやすく人間の酵素では消化されにくい!

難消化性デキストリンは、他の食物繊維と比べても身体にとって安全な成分!

フィットライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリンは、水溶性食物繊維の一種で水に溶けやすく

人間の体内で合成される酵素では消化されにくい特徴がある物質です。

他の食物繊維と同じように、小腸内で余分な糖分やコレステロール・ナトリウムを吸収し体外に排出してくれます。

他の食物繊維も難消化性デキストリンと同じように、小腸内で余分な栄養を吸収し身体の外に出してくれますが

難消化性デキストリンが他の食物繊維と点は、ミネラルの吸収を阻害しないことです。

他の食物繊維は、難消化性デキストリンと違い体に必要なミネラルまで吸収し体外に排出してしまうので

食物繊維を多く摂りすぎるとミネラル不足に陥ることがあるのですが

難消化性デキストリンには、ミネラルの吸収を阻害する作用はないので、体にとって安全な成分だと言えます。

フィットライフコーヒーに配合されている難消化性デキストリンは軟便(下痢)の解消をサポートすることができる

難消化性デキストリンは軟便や下痢を解消することができる!

下痢や軟便の症状の人が難消化性デキストリンを摂取すると

泥状や水状の便が減少し、下痢が改善する効果があることが研究で報告されています。

この研究では、難消化性デキストリンを配合した飲料を女子学生に飲ませ排便状況を確認したところ

排便回数と共に便の形状を変化していることが示されています。

これは、難消化性デキストリンの働きにより、腸内でビフィズス菌などの善玉菌を増やすことで

腸内フローラ(腸内環境)を改善したことが関係していると考えられています。

また、腸内環境を整えることで、下痢だけでなく便秘も改善し便通を良くすることも知られています。

⇒正規品のフィットライフコーヒーを買うならココ

フィトライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリンの仕組みと影響!

難消化性デキストリンは、体の中にある余分な糖を吸収し体外に排出してくれる!

そもそも、フィットライフコーヒーに含まれている難消化性デキストリンは、どのような仕組みで働いているのでしょうか?

調べてみたところ、難消化性デキストリンの

“人間の体内で生成される酵素で消化されない”という特性と

“糖や脂肪を吸収する”特徴を活かして

難消化性デキストリンを摂取し、「体の中にある余分な糖や脂肪などを吸収し体外に排出してもらう」という仕組みになっているようです。

つまり、体の中の余分なものを取り除くだけなので特別体に何か負担があるというわけではないようです。

また、米国FDA(食品医薬品局)は難消化性デキストリンに関しては

「1日の摂取量の上限値を決める必要がないほど安全な成分」だということを認めているので

比較的安全な成分だということは間違いないでしょう。

フィットライフコーヒーで腸内環境を整えれば肌荒れの改善や美肌ケアも期待できる?

腸内環境を整えれば、美肌に一歩近づく!

難消化性デキストリンには、便秘を改善する効果があることが研究でも明らかになっていることは分かりました。

実はこの便秘を解消することで、肌荒れなどを改善することもできます。

便秘になるとお肌の艶がなくなったり、ニキビ・くすみなどの肌トラブルが現れることが多くなります。

これは「自律神経の働きが弱まり、顔の皮膚の血流が悪くなる」のが理由だと言われています。

また、便が排出されず腸の中で長期間経ってしまうと、便が腐敗し有害物質を発生させることがあります。

この有害物質が、血中に溶け出し身体全身に流れることで肌荒れの原因になります。

つまり、フィットライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリンを摂取することで、

腸内環境を改善し美肌効果をサポートしてくれる可能性も考えられます。

⇒※損せずにフィットライフコーヒーを買える場所はココ!

フィットライフコーヒーで腸内環境を整えればおならが臭くなくなる?

腸内環境を整えれば、おならが臭くなくなる!

腸内細菌のバランス(善玉菌と悪玉菌のバランス)が悪いとおならが臭くなることがあります。

これを改善するためには、腸内細菌のバランスを整えることが重要になってきますが

フィットライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリンには、腸内環境を整える効果があります。

増殖しすぎた腸内細菌を調整したり、腸内の毒素をされることで、腸内環境を改善するので

腸内環境が悪くおならのニオイに悩まされている人にも効果が期待できます。

これ見た?

フィットライフコーヒーの公式サイトを見てみる

フィットライフコーヒーのダイエット(肥満予防)に対する効果効用!すらり効果!

整腸作用と同様、フィットライフコーヒーの成分を調べてみたところ

ダイエット(肥満予防)に効果がある成分が含まれていることが分かりました。

ただし、何度も言いますがフィットライフコーヒーに認められている機能性は

あくまでも「血糖値の上昇を抑制する」ことなので

これから書くことは、フィットライフコーヒーに含まれる成分から考えられるダイエット(肥満予防)の効果になります。

フィットライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリンは内臓脂肪の蓄積を低減してくれる

難消化性デキストリンは体脂肪率を低下させる!

フィットライフコーヒーにも含まれる難消化性デキストリンを使用して、成人男性12名の被験者を対象とした実験では

肥満の被験者に難消化性デキストリン10gを毎食後13ヶ月間投与した結果

体脂肪率が低下し CT 画像から計算した脂肪面積が、肥満の被験者において低下したことが明らかになっています。

これは、難消化デキストリンが内臓脂肪の蓄積を減少させていることを示し、肥満予防に効果があることを示しています。

ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸は脂肪燃焼効果がある!

フィットライフコーヒーなどに含まれるポリフェノールには、脂肪を燃焼させる効果がある!

フィットライフコーヒーなどのコーヒー飲料にはポリフェノールが含まれていることはご存知ですか?

コーヒーなどにも含まれるポリフェノールの一種であるクロロゲン酸は

体内のミトコンドリアが脂質を取り込むのを促し燃焼させ、脂肪を減少させることが知られています。

また、ある研究ではクロロゲン酸を肥満者に対して22週間摂取させたところ

体重や BMI 値の減少と体脂肪率の低下が確認されたことが分かっています。

このことからも、フィトライフコーヒーなどのコーヒーを一定期間飲み続けると

脂肪燃焼効果も期待できることが分かります。

⇒いつでも解約できる!フィットライフコーヒーの定期コースはこちら

フィットライフコーヒーに配合されている難消化性デキストリンは中性脂肪上昇抑制作用がある

難消化性デキストリンはインスリンの分泌を抑えて、中性脂肪の上昇を抑制する効果がある!

フィットライフコーヒーにも含まれる難消化性デキストリンを使用し

3ヶ月間、成人男性12名を対象として実験をし

被験者に毎食難消化性デキストリンを摂取させた結果

血清総コレステロール値が13%と中性脂肪が44%減少していることが明らかになりました。

これは、難消化性デキストリンがインスリンの過剰分泌を抑えて

脂肪の蓄積を妨げたからだと考えられています。

フィットライフコーヒーを飲んで血糖値を抑えることは、インスリンの過剰分泌を防ぐことにも役立つようです。

フィットライフコーヒーでメタボ予防はできる? メタボが気になり始めた人必見!

メタボの人は、フィットライフコーヒーを飲もう!

40代独身男性の5人に1人はメタボリックシンドロームに該当すると言われています。

しかし、メタボに該当する人の大半が自身で自覚症状がなく

知らず知らずのうちにメタボが合併症の要因になっていることも多いようです。

そんなメタボ(メタボリックシンドローム)の元凶は内臓脂肪の増加にあります。

フィットライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリンは、内臓脂肪の蓄積を妨げる効果があり

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は脂肪燃焼効果があるので

コーヒーの習慣的な飲用はメタボ予防にも大きな効果があるのではないかと考えられています。

チェック!チェック!

フィットライフコーヒーに入っている難消化性デキストリンはコレステロールの吸収抑制してくれる

難消化性デキストリンはコレステロールの吸収を阻害してくれる!

普段からコレステロールを気にしながら食事をしている人も多いのではないでしょうか?

難消化性デキストリンのコレステロールの吸収抑制について若林さんが行った研究では

難消化性デキストリンを10日間連続で摂取することによって、便中脂質の排出量が増加することが報告されています。

これは、体内にある脂質を難消化性デキストリンが吸収し、便と一緒に体外に排出することが原因だと考えられています。

つまり、フィットライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリンも

体内のコレステロールを吸収し、余分なコレステロールの吸収を抑制してくれる効果があることが分かります。

フィットライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリンは脂肪の吸収の遅延作用によりインスリン分泌量を低減してくれる

フィットライフコーヒーを飲んで血糖値の上昇を抑えることは、インスリンの過剰分泌を過ぐ!

インスリンが過剰に分泌されると、肥満になる可能性が高くなることは知っていますか?

参照https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnfs/64/2/64_2_91/_pdf/-char/ja

血糖値が高くなると血糖値を下げようとインスリンが分泌されます

しかし、インスリンには脂肪合成を促進する働きがため

食後に血糖値が高くなる傾向がある人は、特に体重が増加し肥満になりやすい傾向にあります。

フィットライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリンは、脂肪の吸収の遅延作用があるので

インスリンの過剰分泌抑制し肥満になることを防いでくれるすらり効果が期待できます。

⇒送料無料!フィットライフコーヒー見てみる

結局フィットライフコーヒー痩せることはできるの?機能性を調査!

ダイエット中の人には、特にフットライフコーヒーはおすすめ!

フィットライフコーヒーに含まれるクロロゲン酸は脂肪燃焼効果があるので

既にあるの脂肪を減らすサポートをしてくれます。

また、フィットライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリンは

食後に内臓脂肪は中性脂肪の蓄積を妨げる働きがあるので

メタボリックシンドロームの予防につながると考えられます。

この二つの事から、フィットライフコーヒーはダイエットサポートに十分な効果を発揮すると考えられます。

※フィットライフコーヒーの保健効果は、あくまでも血糖値を下げることです。

フィットライフコーヒーは通常のコーヒーと比べるとカロリーが半分!

フィットライフコーヒーに置き換えるだけで、簡単にカロリー制限できる!

フィットライフコーヒーは通常のインスタントコーヒーと比べるとカロリーが半分以下になっています。

例えば、ネスカフェゴールドブレンドのスティックコーヒーが一本あたり33kcalあるのに対して

フィットライフコーヒーは一本あたり19kcalしかありません。

なので、単純にいつも飲んでいるコーヒーからフィットライフコーヒーを変えるだけで

シンプルにカロリー制限ができるので、ダイエットのサポートにもつながります。

ちなみに、通常のインスタントコーヒーと比べても何の違和感なく美味しく飲めると評判です。

⇒もっとフィットライフコーヒーについて知る

体重が減ったという書き込みも!フィットライフコーヒーの効果!

実際にフィットライフコーヒーを飲んで、体重が減ったという実体験もありました!

40代 女性 口コミ

4.5

一箱飲んでみましたが健康診断でa1c値が下がったので

とりあえずは、フィットライフコーヒーの血糖値に対する効果があったのかなと思います。

でも正直、血糖値対策ができたことよりも嬉しかったのは

フィットライフコーヒーを飲んでから体重が減ったことです。

フィットライフコーヒー飲んでからお通じが良くなり、体重も少しずつ減ってお腹周りが痩せてきました。

まさかフィットライフコーヒーで体重まで落ちると思わなかっので

フィットライフコーヒー様様です。(笑)

キャンペーン中!

フィットライフコーヒーは癌予防に効果がある? 大腸癌に対する予防効果が確認されている!?

フィットライフコーヒー自体は大腸がんの予防に直接的な効果はない!

結論から言うと、フィットライフコーヒー自体には、大腸がんに対する予防効果は今のところ確認されていません。

しかし、食物繊維に対する研究から食物繊維を多く摂取している人ほど

大腸がんになりにくい事が疫学的に確認されています。

参照http://www.jfrl.or.jp/jfrlnews/files/news_no30.pdf

フィットライフコーヒーには、その食物繊維の一種である難消化性デキストリンが含まれているので

フィットライフコーヒーを飲み食物繊維を豊富に摂取することで、大腸がんの予防をサポートすることもできるかもしれません。

フィットライフコーヒーでがんを治すことはできない!がん予防はサポートは可能?

フィットライフコーヒーにガンを治す効果はない!

フィットライフコーヒーには、食物繊維の一種である難消化性デキストリンが含まれているので

大腸がんの予防をサポートすることができるかもしれないと書きましたが

誤解しないで欲しいのが、フィットライフコーヒーを飲んだからといって大腸癌が治癒することはないということです。

フィットライフコーヒーはあくまでも特定保健用食品であり

健康を増進する目的に作られておらず健康の維持を目的として作られています。

間違って買う人もいるかもしれないので、ここは十分に注意しておきましょう。

⇒※損せずにフィットライフコーヒーを買える場所はココ!

フィットライフコーヒーは長期的に飲み続けると、 危険値を避けることができる

フィットライフコーヒーを長期的に飲むことは健康的にもメリットが多い!

フィットライフコーヒーは癌をケアする力はありませんが、習慣的に飲むことで健康的なメリットが多いのも事実です。

例えば、フィットライフコーヒーを食事中に飲む習慣をつけると、食後に発生する血糖値スパイクを防ぐことができます。

血糖値スパイクとは食後に血糖値が急に上昇&下降することを指し

血糖値スパイクにより食後に血糖値が危険値まで急激に上昇すると、インスリンが過剰に分泌され内臓脂肪の蓄積が促進されたり

脳梗塞や動脈硬化の発症のリスクが高くなりデメリットしかありません。

フィットライフコーヒーを長期的に飲むことで、血糖値スパイクによる食後の血糖値が危険値まで上がることを防げるので

様々な健康的被害を避けることができます。

皆ここから買ってる!

フィットライフコーヒーの公式サイトを見てみる

フィットライフコーヒーは3大生活習慣病予防に効果がある?

「生活習慣病」という言葉をテレビなどで一度は聞いたことありますよね。

現在、生活習慣病によって死亡する人は年間で3,600万人と言われており

最近では、生活習慣病に対する関心がとても高く、自分の生活習慣を見直している人が多いようです。

特に生活習慣の中でも、三大生活習慣病と呼ばれるガン・心筋梗塞・脳卒中は特に気をつけたい病気です。

そこで、フィットライフコーヒーには、三大生活習慣病を予防するのに効果があるのかということが気になったので

調べてみることにしました!

フィットライフコーヒーは生活習慣病である“がん”を防ぐ効果がある?

フィットライフコーヒーには癌を直接的に防ぐ効果はありません

しかし、フィットライフコーヒーに含まれる食物繊維の一種である

難消化性デキストリンは大腸癌を予防をサポートすることができます。

なので、広い意味で考えると生活習慣病の一種である大腸ガンの発がんを予防することが可能であるとも捉えることができます。

しかし、食物繊維の摂取は大腸がんを“予防”するだけであって、“治癒”するわけではないので誤解のないようにしておきましょう。

フィットライフコーヒーは生活習慣病である“心筋梗塞”を予防する効果がある?

フィットライフコーヒーで、血糖値の急激な上昇による心筋梗塞を防ぐことはできる!

食後の血糖値の急激な上昇であるグルコーススパイクは

血管皮内を傷つけるため虚血性心疾患による死亡のリスクを増加させます。

出典http://www.harima-hp.jp/seminar/tounyou/pdf2005_12.pdf

フィットライフコーヒーには食後の血糖値の上昇を抑制する効果があるので

直後にフィットライフコーヒーを飲めばグルコーススパイクを防ぎ

グルコーススパイクによる虚血性心疾患による死亡のリスクを低下させることが可能になります。

⇒21日間の返金保証付き!フィットライフコーヒー公式サイトを見る

フィットライフコーヒーは生活習慣病である“脳卒中”のリスクを下げる効果がある?

食後の血糖値をコントロールすることで脳卒中のリスクを下げることができる!

実はあまり知られていませんが食後高血糖と脳卒中には関連があります。

食後高血糖の人は、インスリンの量や働きが低下しており血糖値を正常値に戻す働きが弱くなっています。

この状態を耐糖能異常の状態にあると良い、耐糖能異常の人は動脈硬化を発症する可能性が高くなることが報告されています。

耐糖能異常から動脈硬化にフェイズが進むと、脳卒中などの欠陥障害を引き起こす確率が高くなるので

フィットライフコーヒーなどを使って、食後の血糖値をコントロールすることで

脳卒中などの脳血管障害のリスクを下げることが大切になります。

チェック!チェック!

フィットライフコーヒーは即効性がある? 継続して飲み続けている人のほとんどが効果を実感している!

フィットライフコーヒーは食後の高血糖を防ぐために開発された健康食品です。

個人差はありますが、誰が飲んでも食後の糖の吸収を抑えることができるので、即効性があるといえば即効性のある商品です。

しかし、フィットライフコーヒーを愛用して飲み続けている人たちの口コミを見てみると

食後の高血糖を防ぐ以外にも様々な健康的なメリットがあることが分かりました。

そこで、ここではフィットライフコーヒーを継続して飲用している人たちの口コミをいくつか紹介し

どのような健康的なメリットがあるのか 一緒に見ていきたいと思います。

フィットライフコーヒー、私は効いたと感じました!健康対策には良いと思う!

30代 男性 口コミ

4.5

フィットライフコーヒーを試してみた時に、第一印象で私は効いた!と感じました。

というのも、初めてフィットライフコーヒーを飲んだ時に

フィットライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリンのおかげなのか、お腹がいい感じに動いる感覚がありました。

初めは健康診断で血糖値が少し高いと言われていたので飲み始めたのですが

血糖値以外にも効果が出ているみたいなので、一石二鳥です。(笑)

血糖値の方も正常に戻ってきたので、これからも続けて飲んで行きたいと思います。

半信半疑でフィットライフコーヒーを購入しましたが血糖値が安定してきた!

50代 男性 口コミ

5

正直、最初は半信半疑で購入しましたが、実際に飲み始めてから血糖値が安定してきました。

これを飲み始める前は、病院でお医者さんに運動をしろだの食事管理をしろだの散々言われてきましたが

フィットライフコーヒーを買ってから楽しい毎日を過ごせています。

やっぱり健康で体に心配事や悩み事がないのは嬉しいですね。

⇒特典付きでフィットライフコーヒーを買う

病院のお医者さんが驚くぐらい検診での数値が下がっていました!

40代 女性 口コミ

4.5

私は甘いものが大好きで、運動が大嫌いな典型的な糖尿病予備軍でした。

全く運動もしなかったので、これを飲む前は血糖値が下がらず悩んでいましたが

これを飲んでからお医者さんもびっくりするぐらい検査での数値が下がっていました。

病院から処方される薬も少しずつ量が減って

結果が伴ってくると気分がいいせいか食べる量も自然と減ってきました。

今では、間食 = フィットライフコーヒーになっていて毎日愛飲しています。

フィットライフコーヒーでHbA1c値(ヘモグロビンA1c)が下がった!


60代 男性 口コミ

4

以前に一箱買って飲んでみた時は、HbA1c(糖化ヘモグロビン)値が下がって嬉しかったのですが

フィットライフコーヒーの効果に満足して飲まなくなりました。

お通じも良くなったので体重が減って調子が良かったのですが

これを飲まなくなってから、また人間ドックの健診で数値を測定したところ高くなり始めていることが判明し

コーヒーは毎日飲んでいるので、どうせならこれからは

そんなに値段も高くないし、こちらのフィットライフコーヒーを飲んで血糖値対策をしていきたいと思います。

⇒21日間の返金保証付き!フィットライフコーヒー公式サイトを見る

フィットライフコーヒーは運動や食事管理サプリメント摂取と違って置き換えるだけなので継続しやすく効果を実感しやすい!

フィットライフコーヒーの継続しやすさが、効果の実感しやすさに繋がる!

食後の血糖値をコントロールするためには、一般的な方法として毎日の食事に気を付けたり、適度な運動習慣を作らなくてはなりません。

こういった習慣を新しく作るのは、手間と時間がかかり途中で挫折してしまう人も少なくないです。

また、血糖値不安対策のためにカプセル型のサプリメントを飲んでる人もいますが

飲み忘れることが多く、結局飲まなくなってしまう人が多いのも事実です。

そのような血糖値対策と比較して、フィットライフコーヒーは普段飲んでいるコーヒーをフィットライフコーヒーに置き換えるだけなので

飲み忘れの心配はほとんどなく続けやすいというのが特徴です。

やはり、血糖値対策は継続することが一番大事なので

継続しやすさということを考えると、フィットライフコーヒーは効果を実感しやすいと考えられます。

半額で買える!

フィットライフコーヒーの公式サイトを見てみる

フィットライフコーヒーは消費者庁の保健機能食品(特定保健用食品)なので糖の吸収を穏やかにする保健効果が保証されている!

フィットライフコーヒーは、ある意味厚生労働大臣お墨付きの商品!

フィットライフコーヒーは、消費者庁に特定保健用食品(トクホ)として

「糖の吸収を穏やかにする」という保健効果が認められています。

そもそも、特定保健用食品として認定されるには、食品の安全性や有効性について

食品ごとに個別にチェックされる必要があります。

個別のチェック後に厚生労働大臣の許可を得ると、健康を表示(ヘルスクレーム)と特別の許可マークの表示ができるようになります。

フィットライフコーヒーは厚生労働大臣から健康表示ができる許可をもらっているので

国の機関がフィットライフコーヒーの効果を保証しているとも言えます。

フィットライフコーヒーはヒト試験でも実際に効果を実験&検証されている!

フィットライフコーヒーの効果は実験でも検証されている!

フィットライフコーヒーの食後の血糖値の上昇を抑える効果を調べる実験として

男性10名女性14名の被験者にフィットライフコーヒーあるいは、通常のコーヒーをアンパンと一緒に15分以内に摂取させたところ

通常のコーヒーを飲んだ被験者とフィットライフコーヒーを飲んだ被験者とでは

フィットライフコーヒーを飲んだ被験者の方が、血糖値の上昇をおだやかだったことが実験データから明らかになっています。

この研究は実際に日本食物繊維研究会誌にも掲載されており、れっきとした臨床試験の結果になっています。

⇒正規品のフィットライフコーヒーを買うならココ

血糖値対策専用のフィットライフコーヒーと普通のインスタントコーヒーの効果の違いを比較!

フィットライフコーヒーと普通のインスタントコーヒーでは、健康へのメリットが全く違う!

フィットライフコーヒーと普通のインスタントコーヒーを比較すると

大きな違いは「食物繊維が配合されているかどうか」だけだということが分かります。

フィットライフコーヒーに含まれる食物繊維の一種である難消化性デキストリンは

血糖値上昇抑制効果以外にも整腸作用やダイエット効果も期待でき

例えば、整腸作用だと下痢や便秘が改善したり

ダイエット効果だと内臓脂肪は中性脂肪の蓄積を抑制することが期待できます。

このことからも、フィットライフコーヒーと普通のインスタントコーヒーとでは

健康へのメリットは全く異なることがわかります。

フィットライフコーヒーと紅茶・緑茶との効果の違いを比較!

コーヒーと紅茶の効果は若干異なる!

フィットライフコーヒーも含むコーヒーと、お茶(紅茶・緑茶・抹茶など)は

健康効果が似ていますが若干異なるものもあります。

コーヒーの健康効果(カフェイン・ノンカフェインを含む)

  • がん予防効果
  • 香りによるリラックス効果
  • ダイエット効果
  • アンチエイジング効果
  • 二日酔いへの効果
  • うつ病の発症率が低下する
  • 心拍数を整える

お茶の健康効果(カフェイン・ノンカフェインを含む)

  • 香りによるリラックス効果
  • がん予防効果
  • アンチエイジング効果
  • 成人病予防効果
  • 虫歯防止
  • ダイエット効果
  • 免疫力のアップ

どちらの健康効果も科学的に証明されており、広く研究対象となっています。

ちなみに、食物繊維によって血糖値の上昇を抑制するのはフィットライフコーヒー 独自の作用なので通常のインスタントコーヒーにはありません。

⇒送料無料!フィットライフコーヒー見てみる

慢性腎臓病患者がコーヒー摂取すると寿命が延びるってホント?

ポルトガルの研究では、カフェインを多く摂取すると死亡リスクが下がることが分かっている!

ポルトガルの北リスボン病院で行われた研究では、慢性腎臓病の患者5000人を対象とした研究の結果

1日におけるコーヒーなどに含まれるカフェインの摂取量が多い人は

摂取量が少ない人と比較すると死亡リスクが低い(寿命が長い)可能性があることが報告されています。

ちなみに、フィットライフコーヒーは、ノンカフェインのコーヒーではなく

しっかりとカフェインが含まれているので、この効果も期待できるかもしれません。

難消化性デキストリンはアレルギーの改善・予防効果がある!

難消化性デキストリンが善玉菌を増殖させアレルギーを予防・改善する!

難消化性デキストリンに関してイタリアで行われた調査では

難消化性デキストリンを摂取することでアトピーを予防する効果があることが示されています。

また、日本で行われた難消化性デキストリンに関する研究でもアトピーを改善する効果が報告されています。

最近行われた研究によると、ビフィズス菌の増殖がアレルギーの予防や改善に繋がると考えられており

難消化性デキストリンには腸内に長く留まって腸内環境を整える作用があり、アトピー改善の効果が期待できるそうです。

参照http://www.cyclochem.com/cyclochembio/watch/watch_008.html

チェック!チェック!

フィットライフコーヒーで疾病を治癒したり健康増進することはできない!

フィットライフコーヒーはあくまでも保健用食品!

これは何度も繰り返し伝えていることですが

フィットライフコーヒーを飲んだからといって、糖尿病が完治したり持病が治ったりするということはありません。

フィットライフコーヒーは、医薬品にはなくあくまでも“保健用食品”として開発されているので

主菜と副菜など食事のバランスをしっかり整えた上で、フィットライフコーヒーのような保健用食品で健康を維持するというイメージで飲むのが正しい使い方です。

血糖値が気になりはじめた方や食物繊維を積極的に食生活に取り入れていこうという人は購入をお勧めします。

急いで!急いで!

フィットライフコーヒーの公式サイトを見てみる